KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

珈琲道(ハナププ式珈琲セレモニー)

【珈琲道(ハナププ式珈琲セレモニー)】

19420779_1406328702749461_1150888831044767939_n.jpg 


昨日、コアトレ☓一本歯下駄のあった夜7時からのぴんぽん地球ス(テラス)ではハナププ式珈琲セレモニー。

茶道は英語では”tea ceremony”で「お茶の儀式」。

嗜好品のコーヒーにもセレモニーがあるということを初めて教えられたイベント。


19424309_1406320259416972_2210420556075903694_n.jpg 


主宰のタカさんこと三浦さんはサーファーでもあるのだけれど、サーフィンで訪ねたインドネシアスマトラ島で、ひょんなことからコーヒーに関わることになった。特にコーヒーが好きという訳でもないのに、気がつけばコーヒーのスペシャリストになっていたという。

19399255_1406319456083719_8483337866045936909_n.jpg 





香を炊き、場の空気を清める…参加者の気持ちをひとつにするところから、ある一冊の絵本の朗読がなにわのスーパーアホドル村上三奈さんによって行われる。

生のカカオ豆を一粒頂き、口にする。じっくり噛みしめるようにして味わう。最初、何と言えない不思議な味がしたが、チョコレートの原料だけにチョコレートっぽい味になっていった。その不思議な味覚はしばらく続いていた。

冬眠から目覚めたコーヒーの生豆を手にとって、手触りを確かめながらコーヒーへの挨拶から始まる。


19424255_1406319526083712_2467907149459188129_n.jpg 

参加者全員がコーヒー豆を手に取って「よろしくお願いします」という気持ちを伝えることも大切なのだ。





19399557_1406319206083744_2937798580222706867_n.jpg 

スマトラ産の高級なコーヒーの生豆は次に焙煎の洗礼を受ける。


19399693_1406319342750397_8277649465498635936_n.jpg  

土器製の焙煎機でじっくり時間をかけての焙煎。豆が焙煎機の中で転がる音は、インドネシアの浜辺で聴く波の音だったのかもしれない。次第に、部屋一面にコーヒーの芳しい薫りが漂いだす。暖かい空気はコーヒーの芳しい香りと共に上昇、立ち上がるとその匂いはより濃厚に鼻腔を刺激する。

焙煎の間、車座に集まった人々が、シンギングボールやガンクドラムのような楽器を使って心地よい音を奏でる。

19424424_1406320556083609_4335185057569916042_n.jpg 

19260551_1406321262750205_4280505152138730071_n.jpg 

19399478_1406321002750231_7338072467180901411_n.jpg 19399435_1406320729416925_4556002285325408135_n.jpg 

音は周波数、コーヒー豆が心地よく感じ、一番いい味を出せるようにとの思いを伝える、これも儀式では欠かせない。

 19400061_1406320479416950_7771974090815308217_n.jpg 


焙煎のあとは豆をミルで挽くという行程。ステンレス製の小さなコーヒーミル。一度に60グラム(二人分)しか挽けないので何度か同じことを繰り返す…これも時間のかかる作業。




その間、インドネシアの政情や文化、人々の話などを聞かせてもらう。タカさんはひんぱんにインドネシアを訪ねることを毎年繰り返している。内戦があったり、地震や津波の被害があったり、ここ数年の間にも国はどんどん変化しているという。そういったニュースの大半は、よほどの国際的な影響を与えるものでない限り日本ではほとんど知られることもないし報道されることもない。

コーヒー園で奴隷のように働かされる人々、労働の対価として与えられる報酬は微々たるもの。そういったコーヒーが大量に生産され、先進諸国では大量に消費される。ただ、そういった大量消費のためのコーヒーは実はホンモノではないのだとタカさんは語る。

焙煎され、ミルで挽かれたコーヒーは麻製のフィルターに入れられ、いよいよ最終段階。

19399557_1406319206083744_2937798580222706867_n.jpg 

昨日、あるお客さんから頂いた沖縄の海洋深層水はポットの中で煮沸され、タカさんが感覚でとらえた約85度の温度でコーヒーに注がれる。

19420795_1406317922750539_1263126931132875142_n.jpg 


沸騰したままのお湯では味も香りも飛んでしまうのだそうだ。 

お湯を注いでいる間にも、いろんな楽器で音を奏でるにわか音楽隊のセッションが続く。

じっくり時間をかけてカップ7杯分のコーヒーが淹れられた。

19248067_1406328356082829_208141625769726755_n.jpg 

19399526_1406317919417206_762276084061238552_n.jpg 




これを車座の全員で回し飲みする。最初に手に取ったカップをひと口すするようにして飲んだら、次の人にそれを回す。時計回りに一周させる。

19430125_1406318196083845_4627410373661967368_n.jpg 

不思議なことに、一杯目と二杯目の味が違う…同様に三杯目、四杯目も…。

酸味が強かったり、甘みがほんのりあったり、苦味が効いていたり…。

最初に頂いたカカオ豆の味がまだ口の中に残っていたせいもあるのだろうけれど、コーヒーの深みのある味と香りは確かに普通のカフェで飲むものとは違っていた。

コーヒー一杯を淹れるにもドラマがあるし、そのプロセス一つ一つにも意味がある。

本物のコーヒーとはどんなものであるのか、タカさんが考えるコーヒーというものを私たち参加者が理解した上で飲んだ結果、この味になったのだろう。

コーヒー豆と対話しながら、コーヒー豆の思いを感じながら、できあがったコーヒーを味わう…これこそが珈琲セレモニー(=珈琲道)なのだ。

そして、コーヒー豆が生きているということを知ることで、我々人間も自然の恵みお陰で生かされているということを再確認させられる。

わずかながらの量のコーヒーを集まった仲間とシェアする。そんな大量のコーヒーはふつう要らない。みんなでじっくり飲めば味わい深いコーヒーが楽しめる。本来、コーヒーはそうやって飲むものだったのだろう。

大量に作れば大量に売れる。そうやって世の中は動いている。それも真実かもしれないけれど、そんな中でニセモノもまがい物も当然出てきて、ニセモノやまがい物を本物と勘違いして楽しむ人間もいるというのはあながち嘘ではない。

19510657_1406318212750510_4170436089558031367_n.jpg 



「本物を知る事は本物を守る事に繋がる」

これがタカさんのポリシーだ。


コーヒーを通じてインドネシアを知り、インドネシアの国や人・文化を学び、日本とインドネシアの架け橋となりながら、自分自身に与えられたミッションに関わるのがタカさん。

彼は、日本全国各地でこのセレモニーを開催しながら、車中泊可能な軽ワゴン車で旅を続けている。8月には九州ツアーもスタートする。イベントが開催できるスペースを提供してもらえる協力者随時募集中ということだ。

コーヒー好きな方はもちろん、タカさんの興味深い話を聞きたい方、ぜひコンタクト取ってみてください。



おまけ…カカオ豆から生チョコをつくる!





*ハナププ珈琲

スマトラ島の秘境珈琲産地で代々続く珈琲農園を土壌改良からやり直し独自の自然農法で育て精製した生豆を現地買付。収益を日イ文化交流基金とし活用すべく設立された。


公式サイト
スポンサーサイト

テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/26(月) 16:19:34|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日常雑感062717〜生きることは走ること | ホーム | コアトレ☓一本歯下駄VOL.19>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/3896-a31c27b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード