FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブ新年会2018

【JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブ新年会2018】

IMG_9493.jpg 

JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブの新年会に参加してきた。

2010年の「PEACE RUN2010日本縦断ランニングの旅」のあと、メンバーの一人中西大輔さん(植村直己冒険賞を受賞された世界二周サイクリスト)の紹介でメンバーに加えていただいたのがつい昨日の事のようだけれど、あれからもう8年近くの歳月が流れた。



2012年に初めて新年会に参加。2014年はオーストラリア、2015年はニュージーランドの旅に出ていたため新年会は欠席。

よって今回で5度目の出席となる


元々は私もサイクリスト(1980年代初頭〜1995年)。

自転車で世界一周を目論んでいたが、いつの間にかランニングにハマってしまって走って世界五大陸4万キロを目指すようになりPEACE RUNがスタートした。

同じ二本の脚が旅の手段=ツールではあるものの、そのスタイルもまたかなり異なる。



このJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブには旅のスペシャリストとも呼ぶべき方々が多数いる。

代表で創始者の池本元光さんは日本人で初めて自転車で世界一周をされた方。

1968年(昭和43年)8月1日、「俺は名もない青年でも、俺にできれば誰でもできる!」と20万円を手に世界一周「7年計画・100カ国訪問・4万キロ走破・キリマンジャロ登頂」自転車旅行に出発。自己の存在証明と「人生の糧」となる”人との出会い”を大切に地を這うごとくペダルを踏み続けた。(「ペダリアンドットコム〜池本元光の歴史」から)


今回は欠席されていたけれど、国際部長の中西大輔さんは28歳から39歳までの11年かけて自転車で地球二周130カ国15万キロ走破の快挙によって第14回植村直己冒険賞、第4回「地球体験ペダリアン大賞」「高島鞆之助賞」等数々の賞を受賞されている。




今もリアルタイムで地球体験の旅をしている者が何名かいる。

現在地球体験中のペダリアン達


ペダリアンとは自転車で旅するものの意として使われる言葉。

池本代表がこのJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブを創設されたのが1979年(昭和54年)4月1日。来年は40周年。

先人の偉業があって今の我々がいる。今ほど情報が行き交うこともなかった完璧なアナログの時代、危険を冒してもなお恋い焦がれるものがあるということは素晴らしい。情熱の熱さがあれば、大抵のことは可能になるということを教えられる。



IMG_9477.jpg 
池本代表のあいさつ


IMG_9479.jpg 

元現役最年長キックボクサー松葉副代表の音頭で乾杯。松葉さんも世界一周経験者で今なおアフリカや南米でのサイクリングに取り組まれている。



会のプログラムの最初にフジグローブ賞の授賞式。

26805400_1592348067480856_8312415852813496803_n.jpg 

今年は、高橋晃一さんに。

IMG_9488.jpg 

2005年からはじまったこの賞は、地球儀を作るフジグローブ(本社大阪)社長の西井良和氏から、自転車による地球体験で感動を与えたペダリアンに地球儀(直径34cmの立体地勢型)1体を原則毎年1名に贈呈されている。



高橋さんは、介護職にありながら、限られた休みを利用してアジア、ヨーロッパ、南米での海外サイクリングに精力的に繰り出している。インターネットを駆使して、格安の航空券や宿泊施設を利用しながら1周間程度の旅を今なお続けられていることが評価された。


つづいては藤本典昭さんによる地球体験…現在旅を続けているペダリアンたち、あるいは海外支部からのメッセージなどを写真や動画で紹介。

IMG_9481.jpg 


藤本芳一さんは昨年ドイツを訪問。ボーデン湖でのサイクリングを経験し、現在取り組んでいるびわ湖でのサイクルツーリズム推進のためのヒントを得られたのだという。

IMG_9482.jpg 


そして、今年4月にアラスカから始まるアメリカ縦横断旅行の計画について、二人の立命館大学生杉田くんと江口くん(二人ともサイクリング部所属)がプレゼンをしてくれた。

IMG_9484.jpg 

杉田くんは、昨年、富田林のぴんぽん地球ス(テラス)で開催されたコアトレ☓一本歯下駄に参加、トレーナーの宮崎さんから自転車冒険を目指す若者がいるということで紹介していただいたのだが、ぜひJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブに入会していろんな情報を得ることを強力にプッシュ。

さっそく、事務局のある豊中市のサイクルショップ銀輪亭(オウナーはJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブ事務局長出口さん)を訪ねて、新春サイクリングなども楽しんだ様子。

年々高齢化していくJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブのメンバーの中で、今回は珍しく20代の若者が加わり、若さゆえに情熱とパワーを持ってこれから取り組む冒険について熱く語ってくれた。

既に幾つかの企業でプレゼンをしてスポンサーを得て自転車やいろんなギアも提供してもらっているし、メディアにアプローチしてさらに認知度を高める努力も怠らない。

海外でのサイクリングは初めてという二人。いろんなトラブルやハプニングがあるだろうが、すべて楽しむつもりで、安全と健康第一で旅を続けてもらいたい。

フェイスブックページ
team Alaska Cycling in North America

公式サイト「アラスカへ行きたい」


26734494_1592347364147593_9016987577880800432_n.jpg 
初の海外遠征に挑む二人に池本代表が激励のメッセージを送る



そして、モデルの山下晃和さんが主宰を務める「自転車キャンプツーリングフェスタ」についての紹介。

IMG_9489.jpg 

山下さんも2012年の新年会でフジグローブ賞受賞。その際初めてお会いして、同年秋に同じくモデルの木村東吉さんのワラーチプロジェクト(河口湖〜神戸をワラーチというサンダルで走る)で三重県伊賀市エリアを一緒に走った。

これは、自転車を遊び道具としていかに楽しむかというテーマに基づき、ロードバイクでスピードを出して走るよりも、ランドナーやマウンテンバイクでゆったりまったり風景を楽しみながら走ることがやはり楽しいということを体験してもらうイベント。




その後、参加者の近況報告、抽選会、最後に集合写真撮影。

IMG_9495.jpg 


池本代表がこの会で毎回話されることはいつも共通するものがある。

JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブがここまで続いてきた(来年が40周年)のも先輩諸兄方の努力があったからこそ。

先人の歴史をたどり、今生きている我々がいる。歴史の中に学ぶべきことがあり、我々はそれを時代に繋いでいく義務がある。

いつの時代も旅人は出会うことがミッションにある。

どんな出会いであったとしても、いったんこの地球で出会ったからにはその「絆」を大切にしていかなければならない。

お互いへの愛情・気配り・思いやり…これは何も旅人だけに限ったものではないのだけれど…。

仮に世界一周をしたとしても、大切なのは旅で出会った方々とのそのあとのつながり。





旅をする者は感性を研ぎ澄ませ、どんどんピュアな生き方になっていく。

出会い続ける中で、真に平和な世界を求めるようになる。

それももっともなこと…平和でなければ私たちは旅をすることも走ることもできないのだから…。


jacc_2018012109444749d.jpg 
JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブの小旗

アメリカではニューヨーク、オーストラリアではシドニー、ニュージーランドではクライストチャーチ、ヨーロッパではパリでこのJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブの小旗を持って写真を撮った。




JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブについては過去の記事も参考にしてください。

こちらをご覧ください。 




ペダリアンドットコム(JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブ公式サイト)




20151206115808c2f_20180121094445bea.jpg 
私が作ったJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブのフライヤー



本日の写真はこちら

スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2018/01/20(土) 23:59:43|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅・冒険・チャレンジ | ホーム | ありがとううれしい素敵幸せ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/4110-1c721437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

RUNNING IN TOKYO.COM

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード