FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

蚊にまつわるお話〜アラスカ北極圏1994年

【蚊にまつわるお話〜アラスカ北極圏1994年】

ka.jpg


1994年6月、米・アラスカ州を自転車で走っていた。

当初はアラスカ〜ユーコン〜カナダ横断を目論んでいたが、

オプショナルツアーとしてアラスカ北極圏を目指すことを思いつき決行することになった。

フェアバンクスに着いてすぐ、街の観光案内所で地図やら資料をもらった。

受付のお姉さんに「北極圏を自転車で横断することは可能ですか?」と訪ねたら、

「たまにいるけど、とても危険よ。グリズリーもいるし、北極海辺りではシロクマもいるわよ」

という答え。

ダルトンハイウェイが北極海の町プルドーベイまで続いていて、アラスカを縦断する石油を運ぶためのトランスアラスカパイプラインがハイウェイに並行して走っており、このパイプラインを整備するためにトレーラーがひっきりなしに行き交っているのだそうだ。

ハイウェイとはいえ、道は一部舗装されているが途中から完全な地道。雨が降ると道は崩れ、とんでもないことになるらしい。

冒険的要素はふんだんにあるし、この話を聞いていて常にワクワクドキドキが止まらなかった…ということは自分の中では完全にGOサインが出ていたということ。

フェアバンクスにあるアメリカ最北端のショッピングモールへ直行。食料やら備品を購入。

そして、いざ北へ…。


img05878038zik7zj.jpeg 


アラスカの州鳥とも言われている蚊、英語ではモスキート。

町を出て森林に囲まれたハイウェイでは、上り坂でちんたら走っていると獰猛な蚊の群れに追いかけられる。

アラスカの蚊は日本の蚊よりも一回りサイズが大きく、ジーンズの上からでも刺してくる。

一度血を吸われたら一週間くらいは痒みが続く。特に初めて刺された時には免疫がないので相当腫れて痒くなる。

キャンプ場でもじめじめして湿度が高いところでは蚊の歓迎を受ける。

ある時、あるキャンプ場でテントを張っている間に10数箇所刺され、テントを張った後も中に荷物を入れている間に蚊が何匹か侵入。

恐らく20匹程度。目をつぶってパンと手を叩けば数匹つぶれている…そんな感じ。

蚊に刺されて痒くて気が狂いそうになるという経験を初めてしたのがこの時。

アマゾン川に飛び込んだ瞬間にピラニアに入れ食いされてしまうかのような経験。

トイレに行くのにテントを出入りする際にもやはり蚊が出入りする。蚊取り線香をテントの外で焚いているけれどあまり効果がない。虫除けスプレーも汗で流れたら効果なし。

それどころか、虫除けスプレーを塗らなかった唇や目・耳・鼻の中を刺してくる蚊がいるのには衝撃的!

アラスカに行けば蚊の洗礼を受けるのは必至。

さすがに目の玉は刺されなかったが、耳の穴の入口部分や唇は何度か刺されてしまった。

こういうことは日本ではまずあり得ないことだろう。


キャンプ場のトイレも掘っ立て小屋みたいなところでは隙間だらけ、蚊はいくらでも入ってくるし、油断しているとお尻や局部も刺されてしまう。


また、北米大陸最高峰マッキンリー山の麓、標高がかなり高いところで雨が降って気温が5度近くでも蚊が飛んでいる。

寒さに強い種類の蚊もいるのだ。


今は、ぴんぽん地球ス(テラス)の蚊帳(かや)の中で安心して眠れるものの、蚊が一匹でも飛んでいると気になってしょうがない。

僕にとっては、グリズリーやシロクマよりも恐ろしかったのがアラスカの蚊の群れ。

蚊に刺されて出血多量で死ぬことはなくても、同時に20〜30箇所刺された時のあの狂喜乱舞にも似た感覚はとてもじゃないが言葉にできない。

今なお、蚊に対してトラウマがあるのはこういった理由からなのだ(笑)。


230571_425816090800732_262832324_n.jpg 

時折、こういったハイウェイの道端でもテントを張った…



スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/07/11(水) 23:24:18|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛し合おう笑い合おう | ホーム | 感性のチカラを磨く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/4288-eed29637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード