FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

JACC新年会&創立40周年記念式典

 【JACC新年会&創立40周年記念式典】

50411424_2037735462942112_1003503999015452672_n.jpg 

JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブの新年会及び創立40周年記念式典が開催された。

2010年末にメンバーとして加わり、初めて新年会に参加したのが2012年の1月。

途中2014年はオーストラリア、2015年はニュージーランドを走っていて新年会は欠席になったが、それ以外は欠かさず出席していた。

2015年の新年会ではニュージーランドと大阪をスカイプで結び、新年会の会場のスクリーンに登場させていただいたこともあった。

JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブとは…

pedalian3.jpg 

日本アドベンチャー・サイクリストクラブ(Japan Adventure Cyclist Club)(JACC)は、「民族、国境を超越した一人ひとりの“友情”の成果が“平和”へ貢献、寄与することを認識し、地球をペダルによる友情の足跡で埋めつくすべく、民間大使として国際交流を深めよう」を活動目的に前進を続けています。


といった趣旨に基づき、今もリアルタイムで世界を駆けているサイクリストがいる。

今回、僭越ながらメイン司会の大役を仰せつかった。

会は出口事務局長の挨拶で始まり、続いてペダリアン大賞とフジグローブ賞の説明を中西大輔国際部長から。

中西大輔さん自身も9年かけて世界二周自転車旅行を終え、前回第5回のペダリアン大賞を受賞、それに加え、2009年の植村直己冒険賞を受賞されている。




ペダリアン大賞とは…

自転車地球体験のベテランを主体とする日本アドベンチャー・サイクリストクラブ(JACC)は1989年(平成元年)に創設10周年を記念し、友好と平和を前提とした地球体験で国際的に活躍、もしくは自転車旅行の普及推進に著しく貢献、活動した世界のサイクリスト(個人または団体)を対象に贈るJACC創設10周年記念国際友好大賞「地球体験ペダリアン大賞」(原則として5年に一度、ブロンズの輝きを放つ直径33cmの特製銅箔地球儀と黄金色に輝くブラスプレートの賞状及び金一封を贈呈)を制定しました。


今回受賞されたのは、世界一周9年4ヶ月、115カ国約12万キロの自転車旅行を終えて昨年帰国されたばかりの出堀良一さん。

2009年6月6日アラスカよりスタートし世界一周…コスタリカで強盗に襲われ自転車と荷物を失うが復活。

「一度しかないこの人生、生まれてきた地球とはどういう場所か、自分の目で脚で感情で確かめたい」との思いで、強盗に襲われ何もかも失ったけれど、体がひとつあれば何とでもなる…。その後、日本からスポンサーに自転車を送ってもらって、多くの方々のサポートで旅を再開することができた。

世界一周の旅を終えるまでは何があっても帰国しない…その強い意志を持って走り続けられたこそ今の出堀さんがあるのだ。

出堀さんは帰国の際九州に上陸、その後沖縄で滞在、まだ自宅のある東京には戻っていない。完全に旅が終わるのは5月ごろ。

10年近く祖国日本を離れ帰ってこられたものの、「あまりにもいろんな変化がありすぎて自分の国じゃないみたい」と感じられている。



フジグローブ賞を受賞されたのはモデルが本業の山下晃和さん。

フジグローブ賞とは…

「長年『ペダリアン』を拝見し、ウーンとうなる様なペダリアンがおられ、この様な方に声援を送る意味で贈りたい」――と2005年の近畿地区新年総会で来賓の地球儀会社㈱フジグローブ(本社大阪)社長の西井良和氏から、自転車による地球体験で感動を与えたペダリアンに地球儀1体を毎年1名(原則として)に贈呈する目録がJACCに渡された。

贈呈される地球儀は、直径34cmの立体地勢型で、地球に夢馳せたペダリアンにとっては最高の記念品だ。

選考は、その年の感動のペダリアンをJACCが選び、近畿地区新年総会において授賞する。


2011年第3回の同賞を受賞、今回2度目の受賞ということで表彰状のみの授与となった。

山下さんの経歴…

東南アジア8ヵ国・7600km走行 (2008/10~2009/3)

中南米11ヵ国・5755km走行 (2010/11~2011/5) 

ニカラグアで17歳前後の少年7,8人に取り囲まれ左即頭部、顔面の殴打を受け、財布のUS300ドル、腕時計、デジカメの強奪に遭う。

「若い世代の海外離れが起こっている昨今、文化や言葉の壁を乗り越え、旅の素晴らしさを伝えたい。旅人がいつの時代もハッピーを創る存在であり続けたい。そんな思いを込めてペダルを漕いでいます」と語る山下さん。

モデルをやりながら、ライターとしても数多くの雑誌等に寄稿、アウトドア、バイク、自転車、トライアスロンやランニングなど幅広いジャンルで活動。私と同じアルトラジャパンのアンバサダーも務められている。

日本初の自転車&キャンプツーリングフェスタを2017年から三重県いなべ市青川峡キャンピングパークで開催。

社会貢献にも精力的に取り組んだ功績が評価されたのが今回の受賞につながっている。

乾杯の音頭は御年85歳の現役サイクリスト稲地一晃さん。

その後お二人のレポート…

50407306_2037875592928099_1759497343524143104_n.jpg  

出堀さんの9年4ヶ月の旅をわずか25分程度の時間で報告していただいたけれど、きっと数え切れないほどのエピソードがあるに違いない。

お話の中で、最初は街を目指して走る旅だったけれど、やがてそれは自然とともに走るという意識に変わっていったのだという。自然との一体感がうれしくて素敵で走り続けられたということなんだろう。

出堀さんとは2013年のクリスマスにオーストラリアメルボルンで初めてお会いしたけれど、偶然にも同じホテルに宿泊。フェイスブックでは早い時期につながっていたけれど、まさか異国で初対面とは…出会いとは不思議なものである。


49895312_2037910216257970_7622662554841513984_n.jpg 

山下さんもスペイン語を学んできたことで、スペイン語を使いたい、スペイン語圏の人々と話したいという思いでまず南米を旅されたのだという。

人が好きだから、人の暮らしから学ぶことがある、だからその国の文化を身をもって知ることになる…

山下さんとは2013年に初めてお会いした。

同じ事務所に所属されているモデルの木村東吉さんがワラーチプロジェクト(3.11復興支援のためにご自宅のある河口湖から実家のある神戸まで走って移動するというチャレンジ)で当時私が住んでいた三重県伊賀市を通過する際、共走させて頂いたのだが、山下さんも駆けつけてくれたのだ。


0496a4a50cac61c3fc9a56c01b1e4cbb.jpg 
受賞されたお二人と池本代表


その後、ニュージーランドツーリングから帰国された日名保彦さん、タイを娘さんとツーリングされた白木君明さんのレポート。

IMG_2174.jpg 
49948744_2038275839554741_2609947988218347520_n.jpg 

海外ツーリングをされた4名のお話で共通するのは、旅を通じて得られる出会いや発見、気付きや学びというのは五感を通じて感じられるもの。それらはたとえ個人的な体験であっても、誰かとシェアすることでいろんな社会的価値を産み出す。

その経験を誰かに話すだけでも、後々本人の想像を超えるような影響を社会に与えうる。

自己満足で始まった旅がいつの間にか何らかの社会貢献につながることも少なくはない。

これはランニングについても同じ。エゴではなくエコな走りを意識することで、自分だけのための走りからこの世界のための走りにもなるということだ。

49650756_2038275979554727_1736153423176269824_n.jpg 


その後、恒例の抽選会。そして参加された皆さんひとりひとりの近況報告。


IMG_2170.jpg 
会場内には物販コーナーも…




池本代表から閉会の挨拶では、永年会員(20年以上)の17名の紹介があった。 

49896449_2038275826221409_48813334111191040_n.jpg 

会員の高齢化も進む中、今、リアルタイムで三浦雄一郎さんが南米最高峰アコンカグア登頂とスキーでの滑降に挑まれている。いくつになってもチャレンジは続けていくことに価値がある…

次は50年に向けてそれぞれがそれぞれのやれるスタイル・方法で前に進んでいくことが大切なのだ。

毎回この新年会に参加することで、モチベーションとテンションをアップするきっかけを頂いている。

今年私も「PEACE RUN2019ヨーロッパランニングの旅 PART2」に旅立つ。

還暦まであと1年となった今、いろんなハードルが次から次へと現れたとしても、必ず乗り越えていけると信じて前へ前へと進んでいこう。

参加された45名の皆さん、ありがとうございました!!

49784236_2038069606242031_8433169690150305792_n.jpg

50104913_394318038040499_5642297106531090432_n.jpg 

JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブ公式サイト「ペダリアンドットコム」



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



ecomarathonflyer.png 

大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

prp1.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカ(写真上)をオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

1月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は1月15日、完成・発送は来年2月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/01/14(月) 21:01:59|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森の中で | ホーム | 走ることは最もアナログな移動手段>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/4478-a726bb61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2019年夏にヨーロッパ続編となる「PEACE RUN 2019 ヨーロッパランニングの旅PART2」を予定している。

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

RUNNING IN TOKYO.COM

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード