FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

負の国際化

【負の国際化】
「大麻使ったことがある」大学生は3.4% SNS「LinNo」調べ
11月19日14時49分配信  ITmediaニュース

 大学生向けSNS「LinNo」を運営するリンノの調査によると、大学生の3.4%が「大麻を使ったことがある」と答えた。友達が大麻を使っていたら「一緒に使う」と答えた人も3.2%いた。


 11月11日から18日にかけて465人の大学生にインターネットで調査した。

 「大麻をやってみたい気持ちがあるか」という問いに対し、「非常にある」は3%、「少しある」は7.7%、「あまりない」は9.9%、「全然ない」は79.4%だった。

 「大麻を使ったことがある」人は3.4%、「違法でなかったら大麻を使ってみたい」人は16.2%、「大麻を使いそうになったことがある」人は5.2%だった。

 「身近な人が大麻を使っていたことがある」と答えたのは17%で、「大麻を身近に感じている」という人も21.3%いた。「『大麻はタバコより害がない』『外国では合法』『簡単に栽培が可能』といったネットからの情報を受け、大麻に関心を持つ学生も多く、興味本位から大麻を使用してしまうケースも少なくない」と指摘している。

 「友達が大麻を使っていたらどうするか」については、「やめるよう説得する」が40.5%、「注意する」が21.7%、「見ない不利」が11.6%、「一緒に使う」が3.2%、「その他」が14.0%だった。

 恋人が大麻を使っている場合には、「やめるよう説得する」が76.1%、「注意する」が9.2%、「その他」が14.6%だった。


ニュースソースはこちら

薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ



*******




「キャンパス大麻汚染」というのがキーワードになっている。

言わずと知れた、今時の大学生の、ある意味恐ろしい側面かも知れない。知的レベルの高いエリートたちでさえ、興味本位でドラッグに関わりを持ってしまう、それが今の傾向なのだ。

アメリカやカナダを旅行していて、マリワナは至る所(特に大都市では)で目にする機会があった。

午後のとある大学の平和なキャンパス、芝生の広場に集まって何やらやっている。雰囲気からそれがマリワナであることはすぐ分かった。

ユースホステルやバックパッカーズホステルでもこれは同じ。

日本人の若者が、旅行中の他国籍の若者に誘われてマリワナパーティに繰り出す場面も何度か見ている。大半の若者は20歳を過ぎた成人であった。自分自身が彼らに誘われた時、「つまらぬことに手を出してつまらぬ人生にするな」とか「日本に持ち帰ったら必ず手錠をかけられるぞ」という話をいつもしていた。それでも彼らは悪びれず、マリワナにハマってしまうものなのだ。

映画の影響か、ドラッグが「かっこいい」というイメージを持っていると錯覚しているのだろう。子どもの頃、タバコを吸う大人がかっこいいと思うのと同じレベルなのか。

若者が自由に海外に繰り出す機会は確かに増えた。英語を十分に話せなくても、片言話せるだけの語学力で、まずは海外に飛び出してみる。

それはそれでいいことだと思う。いろんなものを見聞きして、いろんなことを体験して、様々な価値観に触れ、それらを自分自身の人生の糧にしてもらえればいうことはない。

ただ、絶対に手を染めてはならぬもの、それがドラッグだ。

「一度だけなら…」「マリワナぐらいなら…」

それは先日取り上げた飲酒や酒気帯び運転と同じ。一度やってしまえば、二度三度は必ずあるものだから。事故を起こしたり反則切符を切られたりするまでやり続けることになる。

ドラッグも、警察に捕まるか、自分の身を滅ぼすまでは、続くのだろう。

自分が悲しまなくても親が悲しむことがある。

法に触れることをあえてしなければならないという理由はどこにもない。

刹那(せつな)の快楽を求めたがために、一生を棒に振る、それもまた人生かも知れないが、そんな人生をあえて送りたいのだろうか。

先進文明国が、ドラッグごときで崩れ滅び行く時代。


負の国際化を食い止める方法、それは、ドラッグに対して断固NOと言いつづけること。

この国が、欲望と本能だけに支配された国民の巣窟になることだけは何としてでも避けねばならない。


autumn_leaves1119

スポンサーサイト



テーマ:どういうことだ? - ジャンル:ニュース

  1. 2008/11/19(水) 23:59:59|
  2. 憂慮すべきは…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<走れない | ホーム | 飲んだら乗るな>>

コメント

たびたびお邪魔します。
この話題もひとつでれば芋ずる式に露出されてきますね。わたしも学生時代バックパッカーをやっていましたが、日本人の場合、やはりまずは好奇心から
入っていくのでしょう。ただカルカッタでとまった宿は
いわゆる日本人宿というもので、すごく排他的なイメージでした。滞在日数がどれだけ人より多いかが
そこでふんぞり返れるルールで、なんかそういう人てすさんでいましたね。もちろんドラック摂取者でした。ここヨーロッパでもドラッグは蔓延しています。
それこそ、思春期の高校生がタバコを手にするかの
感覚でドラックに手を染めているようです。
昨日の話題でもそうですが、週末に検挙された車の約半数が、飲酒もしくはドラックをとっているという
不名誉な数字もありますからね。
僕たちもまだ小さな子供がいますが、そういう話を聞くと、胸が痛みます。ここまでくれば世の中から抹消することは出来ないでしょうが、せめてそういったものに手を出さない”勇気”を身につけてもらいたいものです。

p.s. まだ実家は伊賀上野です。
今年の年末帰国できればいいのですが。。。

  1. URL |
  2. 2008/11/20(木) 01:44:11 |
  3. akio #-
  4. [ 編集 ]

勇気ある正義

akioさん:

海外に出て、気持ちが高揚して、アルコールでも入ろうものなら、何でもありのハチャメチャ状態があるものですね。

自分が見たドラッグ連中も似たような集団でした。

モラルやマナーはもとより、正義観に欠けた人間が増えて来ているのは事実。大人であれ子どもであれ、正しい行いを堂々とできること。

さらには、人の見えないところで悪いことをするのは一番卑劣。

人の見えないところで正しい行いができる、勇気ある正義を教えていかねばならないし、自分自身が胸を張ってそうできる人間にならなければと思わされます。

伊賀はそろそろ初雪が降りそうです。ここ数日底冷えしていますよ。

  1. URL |
  2. 2008/11/20(木) 06:01:47 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/485-95eb701f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード