FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

荒れる子どもたち

【荒れる子どもたち】

はさみで背中刺す子も…突然の感情爆発、苦悩する学校 

2008年11月21日8時12分

 

その数、5万2756件。文部科学省の調査で過去最多を更新した「子どもの暴力」に学校が悩んでいる。ささいに見えることで感情を爆発させ、重い結果を招いてしまうことも。解決に向け、校外の機関や専門家と連携する動きも出ている。

 17日、香川県丸亀市の市立小学校で、6年生の男子児童が、同級生の男子に工作用のはさみ(刃渡り約10センチ)で背中を刺された。命に別条はなかったが、全治約1カ月の重傷を負った。

 きっかけは、担任が配ったA4判の1枚のプリントだった。日曜に自宅でテレビゲームをしないよう呼びかけたが、加害者の男子が「プリントの絵に似ている」と声が上がった。男子は冷やかされたと思い、机にあった自分のはさみで刺したという。

 「ちょっとした口論で顔を殴ってしまう」「いきなり顔を、なんて昔はあまりなかった」。東京都内のある中学校の養護教諭は言う。物にも当たる。突然石像を殴って手にけがをした子は「ここまで痛いと思わなかった」と言った。「勉強もできて、みんなの中心になっている子なんですが」

 首都圏の別の中学の養護教諭は「言葉でコミュニケーションをとる力が不足していて、すぐに手が出てしまうようだ」とみる。ふだん一緒に遊んでいる友だちとすれ違いざまに肩がぶつかり、互いにわざとだと思ってけんかになる。「ごめんね、とひと言あれば何でもないのに」

 千葉大の明石要一教授(教育社会学)は「かつては荒れているグループがはっきりしたが、今は一人ひとりの突発的な暴力が目立ち、対応が難しくなっている」と指摘する。昔は子ども同士の遊びなどで身につけたはずの社会性が乏しく「ルールなき学校社会」が現れているという。

横浜市教委は07年度から、市内18小学校で「児童指導コーディネーター」という教員を置く。担任から外して授業の負担も減らし、生徒指導の対応を専門に担う。教委の担当者は「担任が1人で抱え込みがちなので、チームで対応できるようにした」と話す。

 いま、各地で注目されているのは「スクールソーシャルワーカー」。校外の機関と学校をつなぐコーディネーターのような役割だ。虐待や親の養育上の悩みなど、家庭の問題にもかかわる。

 香川県や大阪府などが先行し、今年度は文部科学省も約15億円の予算を計上。ほぼすべての都道府県で350ほどのモデル事業が動いている。

 九州のある小学校は昨年度、社会福祉士にスクールソーシャルワーカーとして月2回来てもらった。児童相談所、福祉事務所などの担当者と「ケース会議」と呼ばれる話し合いを設け、個々の子どもの問題点や改善計画を共有した。校長は「教育と福祉のはざまに問題がある。役割分担がはっきりし、学校にも余裕が生まれた」という。

asahi.com(朝日新聞)のニュースから


ニュースソースはこちら 


***


児童生徒の暴力最多、「ネットいじめ」21%増 文科省

2008年11月21日

全国の学校が07年度に確認した児童生徒の暴力行為は5万2756件と前年度比で18%増え、小中高校のすべてで過去最多だったことが、文部科学省が20日付で発表した「問題行動調査」でわかった。感情をうまく抑制できずに急に暴力を振るうなど、学校現場が対応に苦しむケースが広がっているという。

 調査は文科省が都道府県教委を通じてまとめた。それによると、小学生の暴力行為は約5200件(前年度比37%増)、中学生が約3万6800件(20%増)、高校が約1万700件(5%増)。最も多いのは児童生徒間の暴力だった。

 暴力行為の調査では、前回06年度から、けがや診断書、警察への届けの有無に関係なく報告するよう求め、さらに今回は各校が書き込む調査票にも明記し、積極的な報告を促した。こうした方針が実数増の背景にあるが、文科省は子どもの変質ぶりも暴力増加の要因に挙げており「自分の感情がコントロールできない」「ルールを守る意識やコミュニケーション能力が低下している」などとみている。

 ただし、調査はあくまで各校の自己申告で、1千人あたりの発生件数では福島県の0.4件から香川県の10.1件と差が大きく、実情を正確に表しているかは不明だ。

 一方、07年度の「いじめ」は計約10万1千件で、過去最多の06年度からは約2割減に。校種別では小学校約4万9900件(20%減)、中学校約4万3500件(15%減)、高校約8400件(32%減)。前回調査では、いじめの定義から「一方的」「継続的」などの表現を削り、公立だけだった調査対象に国立と私立も加えたため、前年度比で6倍超になった。文科省の担当者は「なお深刻に考えている」と話す。

 携帯電話のサイトや学校裏サイトなどネット関連のいじめは約5900件。初調査の前年度より21%増えた。

asahi.com(朝日新聞)のニュースから

ニュースソースはこちら



*******



真面目そうに見えてもキレやすい子ども、カッとなって見境のない行動に走る子ども、ちょっとしたことで手首を刃物で切ってみたりする子ども…。

小学校でも中学・高校でも、今の時代の学校には、昔には見られなかったタイプの子どもたちが登場してきている。

25年前に初めて教壇に立った頃を振り返っても、やはり時代の流れを感じずにはいられない。



80年代初め、世の中はまだデジタルよりもアナログ中心の時代だった。携帯電話もデジカメもインターネットもこの世に誕生する以前のことだ。

もっと人と人との間の生のコミュニケーションがあった時代だ。

デジタルツールが人間どうしのコミュニケーションを疎遠なものにした…とは言わないが、それでも、人間の社会構造を根底から変えてしまったというのは事実に違いない。

今、高度情報化社会の真っ只中にいて、時代に遅れないようにするために、毎日大量の情報を処理する必要がある。下手をすれば情報の洪水に流され、押しつぶされかねない。

「もののあはれ」や「わび・さび」「風流」や「情緒」などということばを、かつて口にしていた国民とは思えないくらい、今の日本人は殺伐とした時代を生きているのではないか。

一国のリーダーや地位のあるお方が失言したり、問題発言があったり、誤解を招く表現を連発する。影響力のある人間の口から出た言葉は瞬く間に世間に広がってしまう。

メールであれ、直接口から出た言葉であれ、それを受ける側はストレートにその言葉を受け入れる。相手の気持ちに立った言葉を常に発するべきだろう。

腹が立って、すぐに手を出す子どもも確かに増えている。

これはまた、相手の感情を害する言葉がいとも簡単に口から出てくる子どもたちが多いからかも知れない。

そしてまたその言葉に簡単に傷つけられてしまう子どもも同じくらいたくさんいるということ。

我慢強い子どもに育てなければならないと思う。

腹が立っても、死にたいくらい辛くなったとしても、歯を食いしばって、じっと耐えること。

欲望や本能の赴くままに生きるのは人間がすべきことではないということ。

教壇に立って、どれだけの言葉がメッセージとして彼らに伝わっているかは分からない。

親が、教師が、社会が、働きかけることで子どもたちが少しでもいいように変わって行ってくれることが願いである。

一教師として、一人の人間として、正しい生き方を実行しつつも、正しい生き方を子どもたちに説けるよう、自分自身もまだ修行の真っ只中なのである。


basketball1 






スポンサーサイト



テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/11/23(日) 13:01:32|
  2. 教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<透明な風 | ホーム | 愛しているから>>

コメント

ただですね

ちょっと思うんですが、実は同様の事件が僕が
通っていた小学校でもありました。カッターナイ
フで相手の腹を切ってしまったってことが…。
 
 でも、そのときは半数の生徒が加害生徒のこ
となど知らずに事件は終わりました。
 もし、今起こっていたら全国ニュースになって
たかも知れません。

 周囲やマスコミの過剰な反応とその後の煽り
が世の中を暗くしているように思えてなりません。

 
  1. URL |
  2. 2008/11/23(日) 17:38:23 |
  3. KTST #-
  4. [ 編集 ]

Re:ただですね

KTSTさん:
いいことはいい、悪いことは悪いということを教えてあげるのが親や教師。その勤めを果たさなくなってしまっていることが今の時代の欠陥では…。
指導力のない教員が増えて、子どもも口答えしたりキレるばかり。
マスコミも、事件を面白おかしく書き立てるだけではその役目を果たしてはいません。現場を見て、理解した上で報道するべきでしょうね。

  1. URL |
  2. 2008/11/23(日) 20:34:54 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

休まず・遅れず・逆らわず!

33年間この仕事をして、常に生徒に云ってきたこととは・・「休まず・遅れず・逆らわず!」でした。

さらに、この10年間は「弱いものイジメをするな!」と、「他人のものを盗むな!!」のふたつです。

子どもらになめられたらお終いと、随分と肩肘張ってやってきました。しかし、それも馬力のあるうちでした。最近、身も心もヤレがひどく、そろそろ引き際を考えるようになりました。
  1. URL |
  2. 2008/11/23(日) 23:13:23 |
  3. mid-tail #-
  4. [ 編集 ]

Re:休まず・遅れず・逆らわず!

mid-tailさん:

指導者とはあくまでも教えを授ける立場、生徒と同レベルでものを見ていては駄目なのですね。若手の先生方は、生徒と友達感覚でいるのを当たり前のようにしているのですが、いざという時には生徒たちは舐めてかかってしまうようです。
教育の世界にいながら、自分自身の未熟さを痛感する日々、まだまだ修行不足です。
  1. URL |
  2. 2008/11/24(月) 00:02:43 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

今後の学校は・・?

昔からこの手の事件て少なからずあったんでしょうけど、上手に学校側が隠したり、それに今よりかは親ももう少し自分の子供の行動に責任持って接していたから、きちんと謝罪し、あまり表面沙汰ににはならなかったように感じます。
今、ある意味、マスコミが煽り、それを模倣する子も増えているわけですし、何をどうやればいいのか、どう教育すればいいのか、子供だけなのか、親だけなのか、さっぱり分からない世の中になってきてるようです。
いい先生は皆、学校を去り、事実上廃校同然になってる学校もあるわけですし・・・
これからはますます鬱病になる先生方が増えて、ますます教師のなり手がいない世の中になっていくような気がしなくもないですね。
  1. URL |
  2. 2008/11/24(月) 18:45:32 |
  3. パリジェンヌ #-
  4. [ 編集 ]

Re:今後の学校は・・?

パリジェンヌ さん:

現場にいて、何度も辞めたいと思ったことはありますね。精神的に打ちひしがれても、そこから立ち直って必死で食らいついている。

馬鹿馬鹿しいかも知れませんが、空しい努力も何度もしてきたし、それでも「まだ頑張れる…頑張ろう」そんな気持ちでここまで来ています。

世の中が少しでも良くなるように、頑張っている人はたくさんいるのでしょうが、一人の力ではどうにも…。それでも全力で闘っているわけですね。

医者不足・教師不足の日本になっていくのでしょうか…?
  1. URL |
  2. 2008/11/24(月) 19:20:35 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/489-ba43a43e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード