FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

回想:初めての富士(マウンテンバイク)登山

【回想:初めての富士(マウンテンバイク)登山】

kay_bike_mtfuji.jpg 


1984年夏、マウンテンバイク(MUSASHI号)で富士山に登った。

僕にとっては初めての富士登山がマウンテンバイクによるもの。

当時はまだマウンテンバイクも珍しく、自転車で富士山頂まで行くのは余程の酔狂ものと思われた時代。

多くの登山客に珍しがられ、「凄いね」「えらいね」と声をかけてくれて励ましてくれて、こちらからも大きな声で他の登山客にあいさつをして、同じペースで登っていく人たちともお話しするように努めた。

富士山頂を目指すという同じ目的があって、みんながみんな同じ時代の同じ空間を共に生きる同胞という思いがそこにはあった。

「山を歩く人」と「山を走る人」に分けてしまえば二つのグループになるけれど、

「山を楽しむ人」と一括りにすれば、みんなひとつのグループにうまく収まることができる。

何かひとつでも共通点があれば、お互いシェアできるものもあるし、お互いに理解できることも多い。

結局は、みんなちがってみんないい…ってこと。

違うからダメ…じゃなく、違うから面白い…ということなんだね。


20130129171728f5e_20190707144807328_202007070609106fd.jpg 


御殿場口から山頂富士山剣ヶ峰まで登り約8時間。

よく調べておけばよかったのだが、実は御殿場口は登山口から山頂までの距離が一番長いのだとか…。

舗装路はペダルを踏めるが、登山道では押し歩き、最後のがれ場はマウンテンバイクを担ぎ上げる。

酸素が希薄になると、前に数歩進んでは息をゼイゼイ言わせる。

動いているよりも停まっている時間の方が長い。

よくまあ高山病にならなかったもの。


下りはブルドーザー道をたどる。

実は、今回のチャレンジの目的は富士山登頂ではなく、富士山頂からのダウンヒルだったのだ(笑)。

マウンテンバイクは本来山を下って走る乗り物…

日本の山は急峻なところが多く、それも木段(木の階段)があちこちにあるため

登りは担ぎ上げを強いられるのであまりマウンテンバイクが楽しめるフィールドが多くない。



ブルドーザー道は火山灰の道でがれ場がないので走りやすいが、ほんのちょっと前ブレーキをかけただけで前輪がロックする。

マウンテンバイクに一本背負いを食らうようにして二度ほど転倒した。

慣れないと怖いのはスキーも同じだが、微妙なブレーキングコントロールのテクニックがわかれば面白い。

スキーの上級者コースをパラレルで滑降するかのように、

マウンテンバイクでのターンもうまく車体を傾けてスピードをコントロールすれば自由自在。

火山灰の中に顔から突っ込んだりもしたけれど幸い怪我もなく約40分で下山。

駅のトイレで鏡を見たら顔が火山灰で真っ黒になっていた。


今は自転車での登山は禁止されているけれど、当時23歳の僕は怖いもの知らず。

好奇心の赴くままにいろんなチャレンジを試みていた時代。

この数年後には乗鞍岳(3026m)を同じくマウンテンバイクで登頂した。

bike_kay_mtnorikura.jpg


13256164_1054243761291292_4166375066606594334_n_201906210459152db.jpg 
さらにこのMUSASHI号は1991年の北米大陸単独横断自転車旅行で11628キロを走った。


20604486_1444912168891114_6888811056217618525_n.jpg

ちなみに、過去二度登った富士山の二度目の登頂は2004年、ランニングによるものだった。


あの頃のハングリー精神旺盛な自分を今再び探しに行こう!

スポンサーサイト



テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2020/07/07(火) 06:13:49|
  2. 旅・冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夢を叶えるお話 | ホーム | ピンチはチャンス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/5031-c81d9faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

TRUME

ALTRA

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード