FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

懐かしき80年代…サイクルスポーツ

【懐かしき80年代…サイクルスポーツ】

img83788a21x8h4eg.jpeg


自転車マニアの愛読誌といえば、昔は「サイクルスポーツ」か「ニューサイクリング」だった。

自転車に乗り始めて自分も「サイクルスポーツ」をかなり長期にわたって定期購読していた。

アメリカ大陸横断後、1992年の2月号に自分自身が登場したこともあった。


トップの写真は1981年7月号の表紙である。

古めかしい自転車、ロードバイク(グェルチョッティ・伊)である。

当時は、ロードバイクと言わずにロードレーサーと呼んでいた。

まだエアロダイナミクスがパーツやフレーム(涙滴型)に汎用され始めた時代。

この自転車は、ブレーキワイヤの処理がハンドルバーのバーテープの中に入れられてなかった。

当時はこれが普通だった。


自転車全体で見れば、ツーリストは「ランドナー」がメインで、レーサーはロードに乗っていた。

ランドナーは26インチで1+3/8のタイヤ仕様が主な特徴。

ロードとランドナーの中間的存在として、700Cタイヤを履いた「スポルティフ」という車種も存在していた。


マウンテンバイクは80年代後半になって登場する。

ちなみに私はミヤタの「アイガープロ」という初期のマウンテンバイクを88年に手に入れた。

大阪界隈の山を片っ端から登り、84年に富士山登頂、

kay_bike_mtfuji_202007271100244d2.jpg 


86年に乗鞍岳を登頂。
bike_kay_mtnorikura_20200727110023c0e.jpg 


91年にその自転車でアメリカを縦横断することになる。
11061661_892341037481566_7011019142451667188_n_2020072711002512a.jpg 


この81年7月号ではある人物が紹介されている。

当時20歳、大阪産業大の2回生井手氏という人物。

彼は日本列島をロードバイクで縦断(北海道宗谷岬~九州佐多岬2,683キロ)した。

2度目のチャレンジで当時の最速記録を更新したことで取り上げられていた。

記録は5日と7時間36分。平均時速21キロ。

母親がワゴン車で伴走、何度か車の中で仮眠しながらも1日平均500キロ(初日は600キロ走破)を駆け抜けているのだ。

青森~函館間は、今はなくなっているが「青函連絡船」というフェリーが運航されていた。

このフェリーでの待ち時間もこのタイムに含まれている。

睡魔との闘い、伴走のメンバーからのマッサージを受け、食料も車の窓から自転車の上でとることもしばしば。

パンクすれば、ホイールごと交換してすぐさま走り出す。


彼は小学校4年で自転車に乗り始め、中学1年で四国一周を経験。

中2の頃から競輪選手に憧れてピスト場にも通っていたらしい。

高2で琵琶湖一周、大阪~静岡のノンストップランなどを行ったという。


1度めの記録7日と19時間26分を大幅に縮めての記録更新、5日と7時間36分。

彼はさぞかし喜んだに違いない。

自分とほぼ同じ世代なので、彼も還暦間近。一体どこで何をしているだろう。

今、ネット上で彼の名前を検索しても該当するものはない。

もう自転車の世界からは足を洗ったのだろうか。ちょっと気になるところである。



相変わらず今の自転車界はロードバイク中心でスピード志向のレーサーが多いのだろうか。

ゆったりまったりとツーリングを愛好するサイクリストも多数いるのだろうけれど、やはりビジネスに繋がるのはロードバイクなのかもしれない。

ランニングでは得られないダウンヒルの快感は自転車ならでは…。

たまに近くの金剛山の登山口まで自転車で15キロをヒルクライムして、一本歯下駄で山頂まで登って再び自転車でダウンヒルを楽しんでいる。使うのはロードバイクではなく20インチのフォールディングバイクだけれど…。

昨年秋、自転車で転倒事故を起こしてからは安全第一…ヘルメット着用でスピードも抑え気味に走っている(笑)。



スポンサーサイト



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/07/27(月) 10:51:58|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生きて生かされている今この瞬間 | ホーム | 枝豆のお話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/5051-db9ef39d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード