FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

一英語教師として

【一英語教師として】
<高校新学習指導要領案>英語で授業…「自信ない」教諭も
12月22日21時37分配信 毎日新聞


 「使えない英語」から「使える英語」へ。22日に公表された高校の新学習指導要領案は「英語の授業は英語で行うことを基本とする」と明記した。文法中心だった教育内容を見直し、英会話力などのアップを目指すのが狙い。文部科学省は「まず教員が自ら積極的に用いる態度を見せるべきだ」と説明する。だが教諭の英語力や生徒の理解度はばらつきが大きい上、大学入試は従来通りとみられ、現場からは効果を疑問視する声も出ている。【三木陽介、平川哲也、高橋咲子】

 ◇理解度に差、疑問の声

 「文科省は現場を分かっていない」。千葉県の県立高の英語教諭は苦笑する。学校によっては、アルファベットのbとdが区別できない生徒もおり、「英語で授業なんて無理」。

 大阪府の府立高の男性教諭も「苦手意識を持った生徒が、ますます英語から離れてしまう可能性がある」と危惧(きぐ)する。進学校でも「難関大学の長文問題は行間を読まないと分からない。結局、日本語で説明する必要があるので時間のロスになるかも」(福岡県の英語教諭)と困惑する。

 どんな授業が想定されるのか。文科省は「授業を始めるよ」「○ページを開けて」「いい発音だね」といったやり取りは英語で、と説明するが、本格的に英語で授業をしようとすれば教員の英語力も問われる。千葉県の教諭は「それぐらいなら今もやっている」と話すが、別の英語教諭は「全部英語でやるのは正直自信がない。研修をさせられるんでしょうか」と不安げだ。

 大学入試の変革を求める声も少なくない。群馬県の県立高の英語教諭は「リスニング(聞き取り)の問題の配点がもっと高くならない限り、現場には浸透しない」と言い切る。大学入試センター試験の英語の配点は、筆記200点に対し50点。この教諭は「進学校では生徒に最短コースを歩かせたいのが本音。今の入試がある限り、授業のやり方は変わらないと思う」と話す。

 生徒からも「リスニング対策なら英会話のCDで十分。日本語で教えてくれた方が分かりやすい」(大阪府の高3男子)、「英語は楽しいので賛成だけど、受験のための授業とは別にしてほしい」(福岡市の高1女子)という要望が出ている。

 文科省教育課程課は「今後、新要領に対応した入試のあり方は別途検討されていくことになると思う」と話している。

 ◇解説 思考力も知識も…現場混乱?

 文部科学省が22日公表した高校の新学習指導要領案は、思考力や表現力の養成を重視したことに加え、過去の改定で削られた要素が復活するなど、教える内容のレベルも上がった。すべて消化することは容易ではない。

 今回の改定には、経済協力開発機構(OECD)が実施する国際学習到達度調査(PISA)の結果が大きく影響している。06年調査では数学的活用力が03年の6位から10位に後退。覚えた知識を取り出す力はあっても、セオリーに当てはまらないひねった問題は苦手という現実を突きつけられた。

 だが、PISAを意識し、「思考力を育てる」と言っても、難易度は極めて高い。PISAで求められる学力観と、これまで取り組んできた学力観には大きな隔たりがある。大学受験という現実を前にして、現場からは「知識を根気よく積み重ねることもおろそかにはできない」という声も当然上がるだろう。

 全体で見れば、覚えるべき事柄の量は従来とさほど変わらず、増えている部分もある。大学受験のあり方を具体的に見直す議論は行われていない。どう優先順位をつけて教えていけばよいのか、教員の戸惑いも広がりかねない。

 新要領を絵に描いた餅にしないためには、文科省が目指す学力の質をさらに明確化するなどし、現場の十分な理解を得て進めることが必要だ。【加藤隆寛】

ニュースソースはこちら



高校新学習指導要領案:英語の授業は「英語」で
 文部科学省は22日、高校の新学習指導要領案を公表した。英語はコミュニケーション能力重視へ方針転換し、授業を英語で行うことを基本とする。各教科で小中学校の内容を復習する機会の設置を促進し、基礎学力不足の生徒への対応を充実させる。小中の新指導要領(3月告示)に続き、前回改定で削られた内容の復活などが進み、脱「ゆとり教育」への見直しが完了する。

 ◇脱「ゆとり」へ見直し
 高校の指導要領の全面改定は10年ぶりで、13年度入学生から適用し、数学と理科は12年度から先行実施する。

 卒業に必要な単位数は現行と同じ74。だが、授業時数は標準の週30単位時間(全日制)を超えてもよいことを明記した。

 英語は、文法・訳読中心の指導からの脱却を強調。単語は現行より500語多い1800語を指導し、中高で計3000語に達する。中国や韓国とほぼ同程度となる。

 義務教育の復習については、学校独自で科目を作ったり、必修科目の単位数を増やすなどして、中学の内容を反復しながら指導してよいことを明示した。

 小中の新要領で理数中心に内容が増え、中学に移行した要素も多くあった分、高校では前回改定で削られた「複素数の図表示(数学3)」などが復活し、「アモルファス(化学)」など新たな事項も追加。「ゆとり」の象徴だった「総合的な学習の時間」は3~6の標準単位数を2単位に減らしてもよいこととした。【加藤隆寛】

ニュースソースはこちら





*******





お上と現場の観点の差がいろんな問題を引き起こしている。

いろんなことを決めていただいて構わないのだが、せめて現場の声にももっと耳を傾けていただきたい。

「ゆとり教育」とは一体何であったのか?

「ゆとり教育」が不適切であったがためにその修正をしなさいと指示を出すのはいいが、現場の様子を十分に知らないまま理想だけが先走っていては問題は解決しない。

大学入試を中心として英語教育は行われている。これは否めない事実。

現行の入試制度を変えれば英語教育の中身も変わるかも知れない。

長年の慣習としてあった受験英語偏重主義を変えなければならない時期なのだ。

コミュニケーション能力を高める、読む・書くよりは、聞く・話す力をつけていかなければならない。

これは、アジア諸国に対抗する意味でも国家的な政策として重要な意味を持つことなのだ。

英語教育に関わる者として、これからの日本の英語教育をどう変えるべきなのか、今真剣に考えるべき時。

自分自身が英語を嫌いになったことなどなかったし、これまでお世話になった英語の先生方にも恵まれ、今こうやって英語を教える立場にある。

ただ、英語教師でありながら、進路指導や生活指導があったりで、必ずしも英語に関わる時間ばかりではないというのが悲しいところ。

明日の国際社会を担う若者を育てるために、今日も明日も全力で頑張るのみである。


zenryokuism


スポンサーサイト



テーマ:英語 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/12/23(火) 23:33:16|
  2. 教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<風の歌を聴け | ホーム | 年の瀬に物思う>>

コメント

私も英語が好きで、大学も英文科でした。
当時を思い出すと、たしかに英語が出来る
ことが有名大学突破への条件になっており
とにかく英語の偏差値を上げることに必死に
なっていたような気がします。幸い大学で
英語を学びたかったので、私は苦にはなり
ませんでしたが、みんなそういうわけではな
いですからね。英語というのは、本来他の科目
とちがって”コミュニケーションのツール”なので
やはりコミュニケーションが出来る楽しさを知ること
が大切だと思います。僕も英語に開眼したのが
たまたまあったアメリカ人とのコミュニケーションで
自分のつたない英語でも通じ合えたという体験
でした。(関西外大の留学生でした)ただ僕の場合は、
この体験が決定的な英語へのモチベーションに
発展しましたが、これを教室にもちこむとどうなんでしょうかね?
日本人の場合やはり周りが気になるので、どうしても外国人
教師や留学生に対して消極的な接し方をしますよね。
(今の子供はどうかわかりませんが)ちょうど僕が中学のときに外国人教師の
授業が始まったのですが、なんだかそういうことを
覚えています。(本当はコミュニケーションをとりたいが、
はずかしい、もしくは周りが気になるとか、。。)

ところで、昔ネパールに行った時、カトマンズの仏教寺院でチベット
から来たという8歳くらいの少年僧にあったのですが、すごく英語が
上手でした。おもわず
どこで習ったの?ときいたら、チベットでは英語教育に力を入れていて、
大体僕くらいの英語はみんな話せるよといっていました。日本に比べて制限が
いっぱいあるはずなのに、このことには驚きました。
どういう教育なんでしょうね?

  1. URL |
  2. 2008/12/25(木) 01:15:16 |
  3. akio #-
  4. [ 編集 ]

生きる力

akioさん:

今の受験英語中心の英語教育では、英語嫌いは増える一方でしょうか。

奨学生から英語に親しませてはいるものの、大学受験が近づくと問題集や参考書に勤しむようになる。

大学に入るための勉強が終わって大学に入っても、将来希望のないまま社会に出て平凡な人生を終わらせる…。そんな人生は絶対送るべきじゃない、とい教え子達には語っていますが…。

自分の頭で考えて生きていくことが、今の高度情報化社会では難しくなっているんでしょう。

たくましく生きていくための力がなければ生きていけない。

今の子供達にはもっとハングリーな生き方を自ら求めて生きていってほしいですね。

そうすれば自分自身で英語も勉強して、コミュニケーション能力も身につけていけるでしょう。
  1. URL |
  2. 2008/12/25(木) 12:42:14 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/520-6d6fd48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード