FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

箸なし族

【箸なし族】

日本経済新聞の土曜版「日経プラスワン」に食卓プロデューサー荒牧麻子さんの「テーブルの栄養学」という連載コラムがある。

本日付には「箸なし族、心配な食生活」というテーマが扱われていた。

大筋はこうだ。

大学生たちに食事記録用紙を用意し、「昨日の行動」を思い出して、何時にどこで、誰と何を食べたかをくまなく書かせたという。

すると、そう人数は多くはないものの、日に一度も箸を使っていない者たちがいたということである。

「朝は栄養を志向したビスケットに飲料、昼は惣菜パンひとつ、授業を終え急ぎアルバイトの現場へ、帰路買ったフライドチキンとコーラが夕食代わり。気がつけば箸を使うご飯とみそ汁、おかずという家族と共に過ごして来た家庭の食事パターンはどこへやら」(以上は現文のまま引用)

「箸なし族」をグーグルで検索すると次のような記事もあった。


「週刊誌の見出しに『急増!!ハシなし族の末路 キレる、早死に、総入れ歯』とありました。ハなしで総入れ歯はわかりますが、ハシなしで総入れ歯?大意は次のようです。「最近見られる傾向で、朝食抜き、昼はパンやファストフード、夜は帰りがけにコンビニフード、一日中箸を使わずに栄養バランスの悪い食生活をしている若者をハシなし族と呼ぶ。今は子供の頃から高タンパク高脂肪の偏った食生活をしている。こんな”油漬け人生”では長生きできるわけはない。ビタミンやカルシウム不足になりキレやすい。噛むことの少ないハシなし生活は胃腸、脳、歯や歯茎にも良くない。ハシなし族は朝食抜きが特徴。一方きんさんぎんさんには学ぶことが多い。昔ながらの食生活を一日三食キチッとしている。スプーンを使うのはカレーライスぐらいで、魚の煮付け、刺身、野菜の煮物、煮豆、おかゆなどはハシで食べる。しかも入れ歯がなくて、今も丈夫な歯茎で食事をしている。云々・・」

「CONNOTE-ハナ通信」から



そしてたまたま大学の資料が手元にあって、三重県の皇學館大学の進路資料請求のための葉書の裏にこんな広告があった。

「むかしも今も、『my 箸』です。-むかしからお箸には使った人の魂が宿ると考えられてきました。多くの家庭で一人一膳ずつ自分専用のお箸があるのもそのため。山に入って木の枝を箸代わりに使ったときには、人々は自分の霊を他の者に荒らされることがないよう、必ずその箸を二つに折って捨てたそうです。今でもご年配の方が、食事のあとに割り箸をバキッと折るのは、その名残なんです。もちろん魂が宿った『my 箸』なら、使うたびに処分する必要はありませんよね。このような日本の風習を、あなたはどれだけ知っていますか。美しい四季と自然が育んだ繊細な独特の感性。日本の原点を知る新しい発見は、きっとこれからのあなたの人生に役立っていくことと思います」


2007年のことだが、長崎県佐世保市の久田学園佐世保女子高校で、入試の試験項目で「正しい箸の持ち方」を検査するというのが話題になっていたのを思い出した。普段の生活習慣を見るのが目的だったらしい。

寮のある学校で勤務している。食事を寮生たちと取る機会も頻繁にある。

学校では「いただきます」「ごちそうさま」を普通に言うのだが、家ではそんなことば口にしたことがないという者も意外に多い。

お茶碗や箸の持ち方もさまざまである。親が教えないから子どもも我流で通してしまう。注意すると、素直に聞いてくれる者もいれば、嫌そうな顔をしてその場だけ直し、次にまた我流に戻ってしまう者もいたりする。

野菜(特に煮物)や魚を毛嫌いする者も多い。

「まずいから」「うちでこんなの食べたことないから」

そんなことを彼らは理由に挙げる。

綺麗に残さず食べるものはたいてい毎回そうしているが、毎回残している偏食傾向の者は残すことを当たり前にしている。それでいて、そのあとポテトチップスなどのお菓子でお腹を膨らませている。体に良いわけがない。

「食育」ということばが誕生して久しい。家庭生活の中でも基本となる食事、これについては親の影響がかなり大きいということ。親にできないことは子どもにもできないのが当たり前になっている。

今どきの子どもが、食べ物そのものや作ってくれた人への感謝の気持ちを持つといったことは、誰かに言われない限り普通は実行しないものなのだ。

環境が人間を作るというけれど、食にまつわる環境は一番大きいと思う。

家族揃って食事をしてきた子どもは、普通非行に走ったりはしない。幼い頃から、お金だけを親からもらってコンビニの食事で済ます子どもは栄養が偏ってしまったり、問題行動を起こす傾向が高くなりがち。

私自身は、そういう意味では恵まれてきたと思う。母親が作ってくれた食事は今でも美味しいし、幼い頃の食卓での思い出は数知れない。手作りのおやつもたくさん食べさせてもらった。

親が子どもに正しい愛情を注ぐのであれば、せめて食事だけは手間ひまかけて作ってあげてもらいたい。子どもたちの学力や生きる力を養うきっかけは、食事にあるのだと信じている。


ちなみに私の愛用している「my 箸」はこれである。


nobashi



nobashi




スポンサーサイト



テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

  1. 2009/01/24(土) 23:56:50|
  2. 憂慮すべきは…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<命名「ルイガノ・ダックス」 | ホーム | 癒しの時間に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/573-fd1b479f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード