FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

もう忘れた…

【もう忘れた…】



もう忘れた 

すべて

あなたのことは

秋の枯葉の 

中に捨てた

「白い冬」 by ふきのとう

 


*******



ふきのとうが「白い冬」を歌ったのが1974年(昭和49年)。

僕は中学2年生で、当時クラス担任で英語担当だったY先生に恋をしていた。


Y先生は23歳。大学を出てすぐに自分の中学校に着任してきた。


正直言って、僕は素直な生徒ではなかった。

Y先生の英語の授業で、Y先生を茶化したり、授業中に漫画を読んだり、

英語が分からないことでY先生を責めたり…。

そういったすべてのことは、Y先生の気を引くためだったということは

最後まで彼女には一度も話すことがなかった。



あまりの成績の悪さに、放課後の教室で何度か英語の補習を受けた。

僕が「分かった」と言うまでは、妥協することもなく、

一つ一つの項目をていねいに、かつ真剣に教えてくれたY先生。



リンスのフルーティな薫りがY先生の髪の毛から漂ってくる。

机ひとつ隔てたところに座っている彼女の前で、

僕は半ばドキドキしながら、

うれしいような恥ずかしいような気持ちでいっぱいだった。



中2の1学期までは英語が大嫌いだった自分が、

いつの間にか英語が好きな科目に変わっていた。


Y先生のおかげで、今、自分は英語を教える立場にいる。




2学期の終わり、12月の頃だったか、

クラスメートの何人かでY先生の自宅を訪ねた。


Y先生の愛用しているラジカセからこの曲が流れていた。


「もう忘れた 全てあなたのことは 秋の枯葉の中に捨てた…」


白い冬…。

その年、何度か雪が降って、雪が降るたびに僕は

この歌のフレーズを何度も繰り返し口にした。

悲しげなメロディとY先生はいつもリンクしていた。

そして時折Y先生が見せる物悲しげな表情に僕はいつも惹かれるのだった。 



中学を卒業した翌年の秋にY先生は結婚された。

素敵なだんなさんと一緒にウェディングドレス姿で撮った

彼女の写真入りのはがきが家に届いていた。



今思うに、この歌の中では、作者は「あなた」のことを

決して忘れられなかったのだろう。

「秋の枯葉の中に捨てた」つもりが、その枯葉は、思い起こすたびに

ひらひらと、自分の心の中の世界で舞っているに違いない。



行き場を失ったY先生へのそんな思いが今、

ひとひらの雪のように

僕の心象風景の中で静かに、そっと、舞っている…。







スポンサーサイト



テーマ:独り言 - ジャンル:その他

  1. 2008/01/23(水) 21:34:37|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<霜降る朝に | ホーム | 今を生きる>>

コメント

記憶力

きれいなしみじみとした文章です

KAYさんの記憶力には脱帽です
私は過ぎたことはほとんど忘れてしまいます
KAYさんの半分憶えていたらなー・・・、と思います

YouTubeの画像が良くなったことは、この「ふきのとう」ではじめて気づきました
  1. URL |
  2. 2008/01/24(木) 03:22:19 |
  3. uwanosola2 #AIa0ehOc
  4. [ 編集 ]

Re:記憶力

歳をとるにつれて、はっきりと覚えていたことまでいつの間にか曖昧になってくるものなのですね。
過去と訣別しながら、未来に向かう今、せめて時々思い返すことで、曖昧な部分をはっきりとしておきたいと思っています。
前に同窓会に出たときに、自分が忘れかけていたことで、友人がはっきりと覚えていたことなどが分かって、驚かされる場面もありました。
もうあと10年20年すればもっとたくさんのことを忘れてしまっているのでしょうね。
  1. URL |
  2. 2008/01/24(木) 13:30:15 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/62-dbc0fc0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード