FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

実録 木津川マラソン その2

【実録 木津川マラソン その2】

orion


1キロごとの距離表示はありがたい。

1時間半の遅れは半端ではなかった。

最終走者に追いついたのが10キロを過ぎたあたり。

視覚障害者のランナーとその伴走者だった。

一本の輪になったロープが二人を結ぶ絆。

「頑張ってください」と声をかけて二人を抜き去った。



サイクリングロードのコースを走るのだが、

あちこちに水たまりができていて、靴の中にも水が浸入。

2年前に名古屋熱田神宮から伊勢神宮を走った時に、

解けた雪がべとべとになっていて、靴の中は氷水状態だった。

走っている内はまだいいのだが、止まってじっとしていると足の感覚がなくなってくる。


2人ともエイドステーションではお茶やバナナ、ロールパンをこまめにとる。

K本くんはふくらはぎや太ももにダメージが来ていたようで、

エイドステーションで毎回エアサロンパスをスプレーするように努めた。


ペースは多少落ちたかもしれないがほぼ一定。

エイドステーションごとに1分程度休憩をとりつつも、

歩くことは一度もなく全コース走ってきている。


二人は、マラソンを完走するということがどういう意味を持つのか、

身をもって経験しつつあるのだ。


後半は曇り空、時折雨がぱらつくが走っていて気になることもなかった。

最後の折り返しで追い風に変わったことも救いだった。


エイドステーションのおじさんやおばさんたちが毎回声をかけてくれて、

市民マラソンならではのぬくもり・暖かさを感じる。


30キロ、あと12キロ。

思ったよりもいいペース。

すれ違うランナーたちは折り返してきて、ゴールまでもうあと数キロというところ。

前にいる歩いているランナーたちを次々に追い越していく。

1時間半遅れた分を今取り戻しつつあるのだ。



35キロ、K本くんが少し辛そうな表情を浮かべる。

少しペースを落とす。体力的には問題ないが、足にかなり来ているようだ。

初めてのマラソンゆえにいろんなことが起こりうる。



ゴールのある赤い山城大橋が見えてきたら、残りはあと数キロ。

足を引きずりながら歩いているランナーがたくさんいたが、

そんなランナーを横目に、我ら3名は快調なペースで走り続ける。


「ここまできたら必ず完走するぞ」

「よっしゃ」



Y口くんとK本くんのやりとりだった。


「大学行ったら陸上部に入ります。長距離をやりたいんで…」


K本くんがふともらしたその言葉は意外だった。

高校入学した頃は走るのが大嫌いだったという。

それでも野球部に入って毎日体を鍛えながら過ごしてきた

そのおかげで、3年たった今は体力にもかなり自信を付けてきている。

つい先日行われた校内の卒業記念マラソン大会でも

9位に入賞した彼の目覚しい成長振り…。

努力は必ず報われるということか。


「また来年もこの大会走ろう」


そういうふうに2人は固く誓った。


一方のY口くんも中学1年生から野球をやってきた。

小柄だが人並みはずれたスタミナがある。

伊賀上野シティマラソン10キロも40分台前半をマーク。

卒業記念マラソンも2位という輝かしい記録。

走ることの楽しさをじわじわと感じ始めてくれているのだ。



チャレンジすること。それは自分の成長の証(あかし)。

今までできなかったことをできるようにすることが努力であり、

全力で努力し続ければ、必ず自分自身を変えられる。

なりたい自分になる方法、それは、

よりはっきりと自分自身のイメージを創りあげること。

目標・ゴールがはっきりしていれば、

そこに近づくための方法もおのずとはっきりしてくるもの。


40キロ地点を通過。

もうあとはゴールまで一直線。

最後の高架道路下をくぐるが、遠くから

「ゴールまで あと 夢の195m」

という黄色い登りが見える。


沿道の声援、ボランティアたちの拍手、場内アナウンス…会場はにぎわっていた。

「最後のパフォーマンスどうします?」

Y口くんが言った。


「3人で両手を挙げて笑顔でゴールしよう」

自分がそう提案する。彼らは無言の代わりに笑顔でうなずいた。


ゴールにある計時塔は6時間20分を示していた。

1時間半スタートが遅れていたので、実走時間は4時間50分。


「よし、ゴールだ」


3人手を取り合って、最後の下り坂を駆ける。


「おかえりなさい!」


ボランティアをしていた仲間が笑顔で声をかけてくれる。


ゴールラインを通過し、2人の初フルマラソンチャレンジは終わった。

一歩も歩かず、文字通りの「完走」である。

スタートが遅れて公式記録は出なくても、

ゴールをした・完走したという事実には変わりはない。

この悪天候・気象条件・1時間半遅れてのスタート…。

悪条件がいくつも重なって、こんな逆境の中でも見事最後まで走り切ったのだ。

2人にとっては感無量だったろう。


卒業を前に、またひとついい思い出ができたに違いない。


初マラソン完走の喜びは、時間とともに深みを増してくる。

足が痛むのは、完走したという喜びを実感するため。

 

今日のこのゴールが、人生という長いマラソンを

最後まで走り抜けるための1ステップであるということを

感じ取ってもらえるのであればありがたい。

 

Congratulations and well done!

(おめでとう、でかしたよ!)

 

二人に盛大な拍手と心からの祝福を…。

 






スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/02/05(火) 00:19:11|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<ランニング賛歌 | ホーム | 実録 木津川マラソン その1>>

コメント

おめでとう!

生徒といっしょに42.195kmを走る先生に乾杯!!
2人は一生この体験を忘れないでしょう
そしてKAYさんは先生冥利につきますね
おつかれさま
後のお酒がおいしかったでしょうね
  1. URL |
  2. 2008/02/05(火) 02:51:33 |
  3. uwanosola2 #AIa0ehOc
  4. [ 編集 ]

Re:おめでとう!

何か達成感を感じる機会が少なくなった今の学校というシステム。
座学も大切ですが、生徒とともに体を動かす機会も必要だと思います。
理屈ではなく、体で学ぶということですね。
それにしても教師というのは気力体力ともかなり消耗する職業です。
  1. URL |
  2. 2008/02/05(火) 06:07:32 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

感動しました!

一部からずっと読みましたが、何だかうるうるきちゃいますね・・
生徒さん達、あれだけの悪条件の中でも走りきれたのはきっと先生と一緒に走られてたからだと思いますよ!
そして限りない若さと無限の可能性を秘めた未知の力。
先生、生徒さん、どちらも本当によくやられました!

Congratulations and well done!

この言葉、改めて私から偉大なるKAY.T先生に贈りたいと思います^^
これからもずっと素敵な先生でいらして下さいね^^
  1. URL |
  2. 2008/02/05(火) 20:09:16 |
  3. パリジェンヌ #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしいです!

最後まで諦めないでやり抜く。 勉強やスポーツだけでなくすべてに通ずることですね! 生徒さんはよい経験をされたと思います。
  1. URL |
  2. 2008/02/05(火) 20:33:47 |
  3. 腰痛おやぢ #-
  4. [ 編集 ]

Re:感動しました!

未来に向かってひた走る。
まさにそんな感がありました。
一歩一歩が人生の歩み、いや、走りですね。
初めてフルマラソンを完走した日、
二本の脚があればどこにでもいけるんだ…
そんなふうに感じたのを思い出してしまいました。
  1. URL |
  2. 2008/02/06(水) 00:31:49 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

Re:素晴らしいです!

いったんやりだしたからには最後までやりとおす。
そんな生き方が古臭いと思われる昨今だからこそ、
マラソンというスポーツが見直されるべきなのでしょう。
マラソンという人生、マラソンという生き方、
ひとつの哲学にしたいものです。
  1. URL |
  2. 2008/02/06(水) 00:33:41 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

初めまして。

「木津川」で検索してこのブログを見つけました。
私も参加していたのですが、KAYさんと教え子さんお二方とは
2回すれ違いました。
いいペースなのに何故この三人だけポツネンと離れて走ってはるんやろ?と
不思議に思っていたのですが、、。
大変だったんですね!遅れてもあきらめずスタートしてちゃんとゴールする、
その気持の持ちようが素晴らしいです。
そして走らせてくれる運営側。あぁいい大会だなぁとあらためて思いました。
本当にお疲れさまでした!
  1. URL |
  2. 2008/02/06(水) 10:21:59 |
  3. URIB◎SSA #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

Re:初めまして。

URIB◎SSA さん:

はじめまして。書き込みありがとうございます。

そうですか。すれ違っていたんですね。

遅れてでも完走する。

スタートの計時は始まっていても、自分たちのマラソンを楽しむ。そんなポリシーで走りました。

スタッフの皆さんも、みんな言葉をかけてくれて、教え子の二人も感動していました。参加するランナーだけでなく、ボランティアやスタッフみんながどこかでつながっているということを実感できましたね。

遅れてでも走った甲斐があったというものです。

来年もこの二人は走ります。

自分もまた参加します。次はレース、みんなとスタートして競争になるでしょうね。

彼らの成長振りが楽しみです。
  1. URL |
  2. 2008/02/06(水) 10:27:25 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

Re:走る理由がもうひとつできました。

Masaさん:
走るのに理由は要らない。
走るのに必要なのは
2本の脚と
ランニングシューズなのです。
そうは思いませんか?
  1. URL |
  2. 2008/02/06(水) 16:33:05 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

完走おめでとうございます!

教え子2人にとって忘れられない大会になったと思います。
なんとしてでもやりぬくとおのずと結果がついてくることを知ることができたのではないでしょうか?これがまさに実践教育なのでしょうね。
今度は富士山あたり連れて行きますか?その時は私も合流できます。
  1. URL |
  2. 2008/02/06(水) 22:49:47 |
  3. Magnum160411 #-
  4. [ 編集 ]

Re:完走おめでとうございます!

Magnum160411さん:
我慢することを学ぶには、登山やマラソンが一番でしょう。でも、我慢するだけでなく、我慢したあとに何が待っているか…これは私たち大人も常々学ばなければならないこと。
あきらめ・妥協が絶望につながるということを、早い時期に知るべし…ですね。
  1. URL |
  2. 2008/02/07(木) 07:29:11 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/79-bc860928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード