FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

山を愛する者として

【山を愛する者として】

20170304221517d2d.jpg


山の朝の、凛(りん)とした透明な空気が好きだ。

晴れて風のない、静かで穏やかな時間、周りには誰もいない。でも、僕は何か特別な空気を感じている。

長年生きて来て深い経験を積んだ老翁が、じっとそばに座って、無言で僕のことを見守ってくれているかのよう。

山の高みから眼下に広がる世界を見れば、改めて自分自身のちっぽけさに気付かされる。

まるでそれは、一本歯下駄を履いた時に得られる感覚のよう。自分が別の人間に生まれ変わって、今から新しい自分になると心に決める瞬間にもどこか似ている。

高みに立つということは、それだけ意味と価値のあることなのだろう。

高みに登っていくのは決して楽なことではない。

世界五大陸4万キロランニングの旅は、水平移動が中心になるけれど、山を歩くというのは垂直移動の旅。遠くを目指すか、高くを目指すかの違いこそあれど、自分自身の二本の脚(簡単に言うと人力)で移動し続けることに意味や価値を見出すという点では極めてよく似ている。

点から点の移動だけではない。移動するプロセス(過程)そのものを楽しむこともまた大切なのだ。

どれだけ時間がかかるかわからない。どんなトラブルやハプニングが起こるとも知れない。自分に何か特別な変化が生じることもあるだろう。


2017030422151618b.jpg


「覚悟」というほど大げさなものでなくてもいい。「何があっても大丈夫、すべて受け入れて楽しめるから…」と思うだけでも十分。

心穏やかに笑顔で…前に向かって進んで行けば、トラブルやハプニングに見舞われることもない。

そして、山に惹かれる人たちも、そんな感覚をいつも感じていたいと思うが故に、あらゆる山の頂きを目指すものなのかもしれない。

僕は山のプロでも何でもないが、山は大好きな場所のひとつ。海と山、どちらで死にたいかと尋ねられたら、迷わず「山!」と答えるであろう一人。

「今日もいい人生を送ろう」

山の懐に立って、眼下に広がる世界を見ながらそう自分に言い聞かせる時、山は黙ったまま何も言わない。

何も言わないけれど、僕の気持ちを十分に汲み取ってくれているのだと僕は勝手に思っている。

山の心は山に登らなければわからない。山に登ればこそ分かるもの。

こまめに金剛山に登るようになって40日を超えた。

まだまだ山のことはわからないことだらけ。でも、僕が求めているものが山にあるということだけは間違いない。


20170304221514460.jpg

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/03/04(土) 22:21:13|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

室内でアウトドアを楽しむ

 【室内でアウトドアを楽しむ】


冬の低温下でも生命力あふれる蚊が棲息するここぴんぽんテラス、昨夜も蚊が布団の中に入ってきて血を吸われた。

連日蚊が飛び交うのはそれだけ蚊にとっても住みやすい環境なのだ。

ぴあぴが蚊取り線香を嫌がるので今夜は室内にテントを張って寝るしかないか…。

冬の屋内キャンプもまたオツなもの(笑)。









1月13日(金)NHKニュース「おはよう日本」に出演します。

午前6時半頃からスタートする「まちかど情報室」にご注目ください。

 

 

*1月9日(月・成人の日)に一本歯下駄フェスタ@富田林寺内町を開催します。

 

 フェイスブックイベントページはこちら

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2017/01/05(木) 22:31:12|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デイキャンプ@淀川河川敷公園

【デイキャンプ@淀川河川敷公園】

13255985_1059040180811650_384886767207632539_n.jpg 

淀川河川敷公園までサイクリング…そしてデイキャンプ…

近場で手軽、しかも安上がりに楽しめる…

バーベキューはしません。

コンビニで買ったおにぎりやパン、スイーツをアウトドアで飲み食いしただけですが…(笑)


13254434_1059041137478221_6458233337369864165_n.jpg

ファイントラックのゴージュタープとカミナドーム2を初めて外で使用しました。

風が結構吹き荒れてテントやタープの設営に手間隙かかりました。

13263722_1059041227478212_6634993861537761189_n.jpg   

それでも風に吹かれて、アウトドアで過ごす時間は格別なものがあります。

旅の空の下、ヨーロッパランニングでのアウトドアライフをイメージしながら妻ぴあぴとの時間を楽しみました。

13256011_1059437614105240_4186624126616144820_n.jpg

 13254202_1059041754144826_733666460300294972_n.jpg 

13241158_10205894876157955_8596360883346638319_n.jpg 




*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/05/24(火) 23:59:59|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カミナドームは神なドーム

【カミナドームは神なドーム】

*おことわり

 熊本地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 現在、一時避難のためにテント泊されている皆様、以下の文面でもしお気に障るような点

 があればあらかじめお詫びしておきます。

 決して配慮がない…というつもりは毛頭ございません。ご理解頂ければと思います。




fag0312-1.jpg 



2011年からPEACE RUN公式スポンサーをお願いしているファイントラックから提供して頂いたテント

「カミナドーム」を天満満天堂内のスペースを使って設営してみた。

*インプレを紹介した写真アルバムはこちら




以前、提供して頂いていたポットラックはポール一本で設営できて、中もかなり広々としていてお気に入りだった。

IMGP2523_20160509214532a86.jpg

2011年のアメリカ横断から、2012年の二度目の日本縦断、2013年オーストラリア横断(写真上)、2014年のニュージーランド縦断(写真下)と約1万7000キロを共に旅してきた。

IMGP5100_201605092148024f4.jpg

アメリカの砂漠では熱波や砂嵐に見舞われ、オーストラリアのナラボー平原では巨大アリの襲撃があったり、豪雨に浸かったりするなど数々の極限状況を乗り越えてきた。


カミナドームへの相当な思い入れが私にはあった。

社長の金山さんにかねてからお願いしていた自立式テントゆえに、手に入れる前からかなりワクワクドキドキ感があったのは事実。

設営してみて、要所要所に細かなこだわりがうかがわれる。それもそのはず、ファイントラックの開発スタッフもすべてがアウトドアの達人レベル級の人たちばかりだから。

あちこちをチェックしながら「ふむふむ…そうかそうか」と頷かされながら思わず自分自身も笑みがこぼれてしまった。

実際によく考えられて、よくできた仕上がりであることは間違いない。

他のメーカーと比較しても絶対に優っている・優れていると断言できる。

これまでの他のメーカーの既製品のテントで、足りない点・よろしくない点・不満な点をひと通り見直しをした上で、それらをすべてカバーすることがカミナドームのミッションではなかったか…と私は判断する。

カミナドームはまさに「神なドーム」と言いたい。



 IMG_4241_201605092200293c7.jpg 


私自身、アウトドア歴40年近くになるが、これまでいくつものテントを使ってきて、あれこれ思うところは多々ある。

これまで使ってきたテントはいいところもあれば必ず気に入らない不満な点というのがたいていあるのが普通だった。

たとえば、フロアスペースは広いのに、ドーム構造が浅く、フロアで座っていて閉塞感を感じるとか…

他にも、設営は簡単で短時間で済ませられるけど、風に弱く、強度や構造にやや問題があるとか…。

これはテントに限った話ではない。彼らが得意とするウェアの分野においても同じ。

つくる限りはいいモノを…それも今までにないモノを。

飽くなき素材の研究と開発…これは社長の金山さんが創業以前からこだわりを持っていたところ。


繰り返すが、ファイントラックのスタッフの皆さんは、ただのアウドドアブランドに務めるサラリーマンではないのだ。

自然の奥深くに足を踏み入れ、時には極限状況の中でも、本気で「遊ぶ」ことができる。

そして、そんな「遊び」を通じて、フィールドで使い物になる「ホンモノ」を生み出すことをミッションとするアウトドアーズ・マン、それが彼らだ。


現場で使いながらも、何か気付きがあればそれをすぐ製品に活かす。改良を加えながら必ず次にはベターなモノが生まれてくる。

「トライアル&エラー(試行錯誤)」こそがファイントラックを今日あるものにしていると言えよう。

「遊び手が作り手」そして、徹底して「国産」にこだわる…

いいモノを作るのに他人任せにしない。

そして、いくらコストがかかろうとも、マスプロ(大量生産)では作り切れないモノづくり…それができるのがファイントラックの強みだ。




カミナドーム2、次の「PEACE RUN2016ユーラシア大陸ランニングの旅 ヨーロッパPART1」から使わせていただくことになっています。

現地からのレポートで、カミナドームをまた紹介する機会もあると思います。





IMG_4265_20160509214531253.jpg 



この先、このテントは僕の城となる。

たかが2畳ほどのスペースではあるけれど、

このテントの中で僕は一体どんな夢を見るだろう?

このテントは僕にどんな夢を見せてくれるのだろう?

もちろん、雨風や嵐になれば

フライシートはバタバタ音を立て、

豪雨のキャンプを余儀なくされれば、

フロアへの浸水だってない訳じゃない。

真夏のキャンプでは温室並みの暑さの中で、

蒸し風呂状態を経験することだってある。

これまで経験してきたキャンプでも、

ひと通りそういった場面に出くわしているがゆえに、

一般的なアウトドアライフを楽しむためのキャンプとは趣を異にする、

それもまたアドヴェンチャー・ランニングの走り旅ではあって然るべきこと。

一日の終りを心地よく快適に迎えられるように、

平穏な気持ちで寝袋に身を包み、大自然の懐(ふところ)で

世界平和を夢見るアドヴェンチャー・ランナーの

夢を叶えるツールのひとつとして活躍して欲しいもの…。



IMG_4268.jpg 


ファイントラック公式ウェブサイト




*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/09(月) 22:00:58|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テントの夜

【テントの夜】
lgf01a201408042200.jpg

原野のフィールドでたった一人、テントで過ごした夜…満月の灯りで文庫本を読んだり、満天の星空の下でアールグレイティを沸かして飲んだり、震えながら寝袋にくるまってホットウイスキーをすすったり…

さまざまな回想に浸るのも楽しや…

映画「私に会うまでの1600キロ」の中で見たアウトドアは僕にとってはリアルな体験と結びついている。


大自然の懐(ふところ)に包まれてしまえば、自分のちっぽけさを思い知らされることばかり。

働いてお金を稼ぐことも、出世することももちろん大切なことだし、人を愛して人から愛されることも必要不可欠なこと。

でも、もっともっと大切なのは、今、生きて生かされていることの実感を得ることなんだろうな。

僕らの人生、日々いろんなことを模索しながら続いていくものではあるけれど、その根幹にあるのは、生きるための命を今与えられているということ。


IMGP2523_201509042320128e1.jpg

数えきれないたくさんの夜をテントの中で過ごしてきた。

眠れない夜には満天の星空の星の数を数えてみたりもした。

そして、今現実の生活をここ日本で送りながら、見果てぬ夢をなおもまだ追いかけようとしている自分がいる。


「いつでもやめてやる」と思っていた自分が「決してあきらめない」自分に変わる時、旅の面白さは極端に変化する。

楽しもう…旅もマラソンも人生も…すべてが冒険だ!

IMGP3035_201509042320103a8.jpg

*写真はイメージです


「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト


テーマ:アウトドアライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2015/09/04(金) 23:21:49|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2019年夏にヨーロッパ続編となる「PEACE RUN 2019 ヨーロッパランニングの旅PART2」を予定している。

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

RUNNING IN TOKYO.COM

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード