FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

意識のあり方

【意識のあり方】

59773336_2201406799908310_7576306564793892864_n_20190615140810d61.jpg  
一本歯下駄で大和葛城山を登る…2019年


人生山あり谷あり…

長く生きていれば人生いろんなことが起こる。

いいこともあれば良くないことも当然あるだろう。


11913975_913029832079353_2624476249206388714_n_20190615140808d83.jpg 
乗鞍岳(3016mをマウンテンバイクと共に登頂…1986年)


重くのしかかる辛い現実も時には受け入れなければならない時だってある。

そう思っていても、実はすべて自分の思考がつくり出した世界だと思えばいい。

もしそうだとすれば、辛く苦しいことなんて考えない方がいいってこと。


19702186_1417694104946254_6356039474486815055_n.jpg 
マウンテンバイクMUSASHI号で富士山登頂…1984年


かの登山家ラインホルト・メスナー氏も言っていた。


人は無から生まれ無に消える。

そのつかの間に、

僕たちは意識を持つことが

できることが素晴らしい。


そうなのだ。

我々はもともと∅(無の存在)だった。

両親が出会って結ばれたおかげで無から命が生まれたのだ。

命を持った肉体が思考するようになり、思想が生まれ情報となって世に広がっていく。

素晴らしいことを素晴らしいと言える人生を送れるように、今にフォーカス、今を楽しもう!


10929010_811347685580902_1807895212377856273_n_20190615140810045.jpg 
ニュージーランド南島の山岳地帯をバギーを押して走る…2015年




*第6回弥富チャリティマラソン

61737003_2300900403520963_2022839092865138688_n.jpg 

今年もゲストで走らせていただきます

スポーツエントリーでエントリーできます。


公式サイトはこちら





*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

6月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は6月15日、完成・発送は7月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2019/06/14(金) 23:59:00|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不合理と不条理

【不合理と不条理】

19060024_1395427983839533_2097266551603230766_n_20190614203118962.jpg


1979(昭和54)年、大学に入学してすぐに剣道部に入った。

上下関係がはっきりしていて、先輩に対してのあいさつは常に「押忍(オス)」。

イエス・ノーはない。

「おい、高繁。たばこ!」

「おい、高繁。酒屋に行って缶ビール買ってきてくれ。カネがないので立て替えてくれるか」

「おい、高繁。3限目の倫理学、代わりに出席票書いて出しておいてくれるか」

コンパではたびたびイッキ飲みを強要される。バケツや洗面器でビールを飲んだこともあった。

何を言われても、個人的な感情が含まれない「イエス」を意味する「押忍」としか言わせてもらえなかった。

逆らうことはあり得ない。

食事や酒をごちそうになったら「押忍、ごっつぁんです」というのが決まり文句。

剣道の稽古では、気合が入っていないという理由でしばしば個別で特別稽古を受けた。

掛かり稽古という名目で、足払いをされ、喉に突きの連発。

ひっくり返され、胴の上に先輩が乗っかって動けなくなる。

夏の合宿、一年目は8泊9日に渡る激しい稽古が続いた。

全日本学生優勝大会を目指していたので、一日三部練習(計6〜8時間)は当たり前。

仲間が倒れ、救急車で運ばれ点滴を打たれたこともあった。

4回生は神様、3回生は人間、2回生は奴隷、1回生はゴミ…そんな階級制度が暗黙の内に存在していた時代。

人権という言葉の存在は知っていたが、自分たちのいる世界ではそんなもの架空のものでしかなかったのであろう。

一年ごとに階級が上に上がっていく。そしてついに、最上級生となる。

大学3回生の終わり、体育会本部役員に抜擢される。

4回生になって、もう誰からも無理や無茶を言われることもなくなった。

応援団でもないのだけれど、学ランがフォーマルウェア。

辛く苦しい時代を経験してきた僕は、下級生たちに無理や無茶を押しつけることはしなかったししたくもなかった。

押して忍ぶ…不合理と不条理が当たり前だったあの時代に生きていて、僕は自然と強さを身に着けていったのだ。

強さとはやさしさ…自分に厳しく、他人にやさしくあってこそ強い人であるということなのだろう。

あれらの日々を思う度、今の平和な時間に感謝だ。

今から思えば、あの時代を生きてきたからこそ、今の僕がある。あの時代の稽古の時間を思えば、走るなんていうのは本当に楽しいもの。

どんな辛いことも乗り越えられるように鍛えてもらったのがあれらの時代…。

仲間がいたからこそ耐えてこれた。あれらの時代を闘ってきた仲間はまさに戦友と呼ぶにふさわしい。

卒業式の日、大学の門を後にする時、僕が大粒の涙を流したのは恐らく誰も見ていなかっただろう。

いつか、あの不合理で不条理だらけだった時代のことを物語にまとめてみようと思う。

今の若者達は決して知ることもない…あれらの時代を…。



*第6回弥富チャリティマラソン

61737003_2300900403520963_2022839092865138688_n.jpg 

今年もゲストで走らせていただきます

スポーツエントリーでエントリーできます。


公式サイトはこちら





*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

6月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は6月15日、完成・発送は7月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら


テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2019/06/13(木) 23:30:12|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体との対話

【体との対話】

mind_is_everything_20190612215823c2f.jpg


誰かに暴言を吐くことと体を酷使することは、実は人間の同じ心理から来ている。

自分の思い通りに動かないから腹が立ちキレる。さらに相手を責める意味で痛めつける。

「うまくいかないのはお前のせいだろ?」

そこには完全な個人のエゴが爆発している。

相手の声を聴くことなくして相互のいい関係は保てない。一方的な思いをぶつけるだけではコミュニケーションは成り立たない、アタリマエのこと。

感謝感激感動の思いがあれば、相手の声を聞いて、相手の感じることに共感することも可能だ。同じ目線で同じ立場に立ってみれば見えてくる・わかることがある。

相手が子どもであろうが大人であろうが同じ。自分の体を一人の人格を持った人間に置き換えて考えてみて欲しい。

「よく頑張ったな」「無理を聞いてくれてありがとう」「頑張ったご褒美用意するからね」

そうやって言葉をかけることをしてあげよう。

attitude_20190611202316827.jpg  

連日40〜60キロを走る僕のランニングの旅では、その日の走りを終えて、シャワーを浴びながら、自分の下肢に手を当てたりさすったり揉んだりして労うことをこまめにしていた。

実際にいろんなねぎらいの言葉をかけることで、下肢は喜んでくれたりてれくさがったりしていたのかもしれない。

体は何も言わない…のではなくて、ただ言葉を話さないだけだ。

でも、自分の中で体はきっといろんなメッセージを発している。

熱くなって腫れていたり、むくんでいたり、鈍い痛みがあったり…そういったことから目をそらさないことだ。

分かる人には分かる…体は自分自身の奴隷なんかじゃない。たまたま、自分自身に与えられたひとつの形として存在してくれていて、ある程度自分の思いを理解してくれる存在。

体の声に耳を傾けよう。体と対話しよう。体にありがとうを言ってあげよう。


goroku_feel.jpg  


〜本日配信のメルマガ「週刊PEACE RUN(第375号)」♪ シリーズ「PEACE RUN~人・町・風景・できごと」から



*第6回弥富チャリティマラソン

61737003_2300900403520963_2022839092865138688_n.jpg 

今年もゲストで走らせていただきます

スポーツエントリーでエントリーできます。


公式サイトはこちら





*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

6月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は6月15日、完成・発送は7月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/06/12(水) 22:05:03|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何を当たり前とするか

【何を当たり前とするか】

attitude_20190611202316827.jpg 


まったく走る習慣のない人には1キロ走るのもきっと苦痛だろうし、1キロという距離感さえ感覚としてつかめないと思う。

いつでもどこでも車で移動することが当たり前になってしまえば足の感覚は鈍ってしまうし、距離感というものが単なる数字で終わってしまいがちになる。腐るほどお金を持っている人が1万円を常人の1円レベルで感じるのとそれはよく似ている。


毎日10キロ走れたら、1キロは大した距離ではない。

毎日50キロ走れたら、10キロはきっと短く感じられる。


走り始めた20代半ば、3キロ走るのがやっとだった。結構速いペースで休みなく走っていたせいもある。

やがて5キロが楽に走れるようになり、片道11キロの通勤ランニングもできるようになっていった。

フルマラソンを走れるようになればハーフや10キロはかなり短く感じられるようになった。

100キロマラソンを完走してからはフルマラソンの距離もたいしたことないと思えるようになった。


何を当たり前とするかで日々の暮らしは変わる。

習慣を変えれば人生も変わる。

いい習慣を作ればいい人生が送れるということ。

さあ、どんな習慣を身につけよう?

ほんの少し自分の生き方や考え方を変えるだけで人生が変わる…

人生って不思議なものだ。


59773336_2201406799908310_7576306564793892864_n.jpg 

一本歯下駄で山を登ったり走ったりするようになればシューズを履くこと自体違和感を感じるようになった(笑)。



*第6回弥富チャリティマラソン

61737003_2300900403520963_2022839092865138688_n.jpg 

今年もゲストで走らせていただきます

スポーツエントリーでエントリーできます。


公式サイトはこちら





*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

6月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は6月15日、完成・発送は7月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら







テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/06/11(火) 20:31:40|
  2. 哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナルシスト考

【ナルシスト考】

「高繁さんってナルシストですね」

とよく言われてきたが、あまりそんな意識はなかったのです。

自分のことはまあ好きだけど、好きで好きでたまらないという訳でもありません。

旅人は一人旅をしていると写真を撮るのに風景くらいしか撮るものがないんですね。


954692_526711117377895_1099467641_n_20151229200605784.jpg 

自転車で旅をしてたら自転車と風景…(当時25歳の私)




IMG_2319 2

バギーを押して旅をしていたらバギーと風景…




monumentvalley2_20151229200609980.jpg 

たとえそれが砂漠でも…(アメリカユタ州モニュメントバレー)



IMGP2697_20151229201406e72.jpg

平原でも…(オーストラリアナラボー平原)



どんな美しい、感動するような風景であったとしても、風景だけの写真ばかりじゃつまらないでしょう。

だから、自分自身も風景の一部になったつもりで、風景に溶け込んでしまうのです。

完全に風景に同化できるように、意識も切り替えて…。

それは、初めて訪ねた街に、旅人として入り込むのではなく、まるで昔からそこに住んでいた地元民(いわゆるジモティ)になったつもりで…。


私の写真は基本セルフィ(=自撮り)。三脚などを使って地面にデジカメやスマホを置いてセルフタイマーでの撮影。


210500_181053961943614_2523681_o_20151229200603e85.jpg

ランナーも風景の一部になるとまたいいもの…(三重県伊賀市)



基本、人生は自画自賛でいいのです。

自分を否定するよりは思い切り自己肯定できるナルシストである方が幸せだと思います。

自分を好きになれなければ他人も好きになれない…

他人のアラ探しをしたり、他人の失敗などにクレームを付けたがったり、やたら攻撃的な方がどこにでもおられるものですが、恐らくそんな人は自分に対しても不平や不満があふれていて、なかなか自分を好きになれないのでしょう。

本当はとても素晴らしい人であるはずなのに、自分のプラスをじっと見つめるより自分の欠点ばかりに注目してしまう。

それじゃ、人生もったいないでしょう…って言ってあげたくなります。

誰だって嫌われたくないし、多少なりとも人から好かれる方が気持ちがいいものです。

誰かに迎合するとか、こびへつらうとかそういった類(たぐい)のものとは違うんです。

素直に、謙虚な気持ちで、人や物のいいところを見る。これって結構プラス思考…ポジティヴだと思いませんか。


IMG_1366.jpg 


自分をもっと好きになりましょう。自分を大切にしてあげましょう。

頑張っているのだったらそれなりに自分を褒めて労ってあげましょう。

自分も大好きで、他人も自分のように大好きになれる人になりましょう。

そう考えているので、自分も人も大好きな人間でいようと努めています。

ナルシストは悪いことではありません。ナルシストこそポジティヴな生き方…。


曰く、

為せば成る、なりたい人がなるナルシスト…(笑)




13080_844736855575318_9093954796056410211_n のコピー 


自分をいかにカッコよく、素敵に見せるか…それは研究し尽くされるべき課題でもあるんです。

一本歯下駄を履いても、走っていても、普段でも、自分のいい表情や、見栄えのするポーズをあれこれ考えてみること。

今自分自身が最高に眩しく輝けるその瞬間を切り取ることなのです。


FullSizeRender (1) 


そしてまた、自分に対する厳しい視線も必要…自分自身に妥協はしない。

デジカメもスマホのカメラも、何度でも撮り直しができる。何枚も撮ってみてベストの一枚を記録に残す。

いやいや、記録よりも記憶に残すために…。




*第6回弥富チャリティマラソン

61737003_2300900403520963_2022839092865138688_n.jpg 

今年もゲストで走らせていただきます

スポーツエントリーでエントリーできます。


公式サイトはこちら





*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

6月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は6月15日、完成・発送は7月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2019/06/10(月) 23:23:23|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2019年夏にヨーロッパ続編となる「PEACE RUN 2019 ヨーロッパランニングの旅PART2」を予定している。

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

RUNNING IN TOKYO.COM

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード